美輪明宏さんの若い頃、ハーフと噂された美形画像を発掘!

美輪明宏
スポンサーさまリンク

年老いてもなお、独特のオーラを放ち続ける、美輪明宏さん。2015年の紅白歌合戦では「ヨイトマケの唄」を歌唱して圧倒的な存在感を示しました・・・ハーフと噂されるほどの美少年時代から、歌手・役者としての活躍の歴史をたどってみます。

美輪明宏
出典元:エキサイトブログ

スポンサーさまリンク

美輪明宏さんのプロフィール

  • 出生名 丸山 臣吾 まるやま しんご(幼名)
  • 別名 丸山 明宏 まるやま あきひろ(本名及び旧芸名)
  • 生誕 1935年5月15日(84歳)
  • 出身地 長崎県長崎市
  • 学歴 国立音楽大学附属高校中退

美輪明宏さんは、1935年(昭和10年)5月15日、長崎県長崎市において、丸山作一・ヌメの間に、5人兄弟の次男として誕生しました。

美輪明宏さんの実家は、長崎市内の「丸山遊郭」と呼称された遊郭街であり、「世界」という名前のカフェを経営していました。

1941年12月、イギリスやアメリカ合衆国との戦争体制に入った中で父親は「敵性文化を商売にする事は時局にそぐわぬ」と言われて、やむ無くカフェを閉店せざるを得なくなり、金融業に転業します・・・

美輪明宏さんの若い頃、長崎で原爆投下の被害に

1945年(昭和20年)8月9日、長崎県長崎市本石灰町にある自宅において、美輪明宏さん(10歳)は窓際で夏休みの宿題に御伽草子の「万寿姫」の絵を製作していました。

自身が製作した絵の仕上がりを確認するため、2、3歩後方に下がった時、原子爆弾が長崎県に投下された。

何千ものマグネシウムを焚いたような白い光でした。

美輪明宏さんは、雷光かと思い、天気の良い日なのにと不思議に思いました。

しかし、その直後に、激しい爆発音が聞こえ、家がぐらぐら揺れて傾き、お手伝いに促され2人で布団をかぶると空襲警報が鳴りだし、その後爆風で机の下に飛ばされていた兄を起こし3人で防空壕に向かいました。

外へ出ると景色が一変していました。隣接する劇場は天井が崩れ落ち、勤労奉仕の女子挺身隊の宿舎は形を残していませんでした・・・

その後、近くの防空壕で待機した後に、6日後の終戦の日に爆心地近くにあった生母の実家へ祖父母を1人で探しに行き、惨状を目の当たりにします・・・

美輪明宏さんは、戦争が終わっていの一番に髪を伸ばしたそうです。体育教師から「なんだこの頭は」と髪をつかまれましたが、10歳の美輪明宏さんは負けずににらみ返したそうです。

原爆により、父の貸付先が相次いで破産・他界したため、返金を受けられなくなった美輪さん一家は貧乏生活を余儀なくされました。

その前に美輪明宏さんの父の後妻が他界しており、父の後々妻も失踪する等の不幸に見舞われ、美輪は幼い異母弟達と辛い日々を送ることとなりました。

美輪明宏さんの若い頃、終戦後、声楽の道へ

美輪明宏さんは終戦後、自身が鑑賞した映画に出演していた加賀美一郎のボーイソプラノに衝撃を受け、声楽とピアノのレッスンを受け始めます。

1951年の春、美輪明宏さん(15歳)は、国立音楽高等学校(現・国立音楽大学付属高等学校)に進学するため上京します。

しかし家業の倒産をきっかけに高校を中退、進駐軍のキャンプ廻りをしながらジャズ歌手として生計を支えることになりました。プロとしての活動の始まりでした。

昭和27年ぐらいかしら、
新宿駅の西口にあった小さな公園で
ホームレスをやってたことがあるの。
駅の地下道にはまだ戦争で焼け出された人たちが住んでた。

高野の裏は屋台が並んでて、紀伊國屋もなくて、
その前の通りは泥道。
歌舞伎町は普通の家だけだった。

でも街頭のスピーカーから流行りの音楽がいつも流れててね。
みんな貧乏だったけどロマンティックな時代でしたよ。

銀座へアルバイトに行き始めた頃は、
都電に乗らず歩いて通ったものよ。
食うや食わずだったから痩せてて、
ウエストなんて48センチくらいしかなくてね。
三島由紀夫さんに、
「きみ、その中に本当に内臓が入ってるんだろうね」
なんて言われましたよ。

銀巴里は芸術家のサロンでした。
三島さんや江戸川乱歩さんも来て下さって、
寺山修司さんはまだ学生。
作家や画家、芸大生、ジャーナリストたちが集まり、
芸術の発信地でした。

出典元:エキサイトブログ

美輪明宏さんの若い頃、シャンソン喫茶「銀巴里」で歌手デビュー

翌1952年、美輪明宏さん(17歳)は、銀座7丁目にあるシャンソン喫茶「銀巴里」(1951年~1990年)の美少年募集の張り紙広告をきっかけに、シャンソン喫茶「銀巴里」との専属契約を交わし、歌手デビューを飾ります。

この時の経歴が「国籍・年齢・性別不詳」として売り出されたためハーフというウワサも広まりました。

銀巴里

シャンソン喫茶「銀巴里」では、青江三奈さんも高校生時代から歌手としてステージに立っていました。

ブルースの女王 青江三奈さんの死因、膵がんとは?
伊勢佐木町ブルースで有名なブルースの女王、青江三奈さんは2000年7月2日に亡くなられました。 死因は膵がんということですが、改めて調べてみました。 青江三奈さんの活躍もたどってみたいと思います。

次第に人気を博し、三島由紀夫、吉行淳之介、野坂昭如、大江健三郎、中原淳一、遠藤周作、寺山修司、なかにし礼等、文化人からも愛されるようになっていきます。

美輪明宏さんの若い頃、シャンソン「メケ・メケ」が大ヒット

美輪明宏 メケメケ

1957年、シャンソン「メケ・メケ」を日本語でカバーし、艶麗な容貌で、シャンソンを歌い上げ、大ヒットします。

レース地のワイシャツ等を身にまとったユニセックスファッションも注目され、三島由紀夫が「天上界の美」と絶賛した美貌で、マス・メディアから「神武以来の美少年」といわれ、「シスターボーイ」という新語も生まれました。

美輪明宏 メケメケ

美輪明宏さんの若い頃、同性愛者であることを告白

美輪明宏さん
出典元:エキサイトブログ

大人気となった美輪明宏さんは、23歳の時に同性愛者であることを告白。戦後間もない頃で保守的な層からは批判され、人気が落ちていきました。

通行人から石を投げられることもありました

美輪明宏さんの若い頃、「ヨイトマケの唄」で人気が再燃

美輪明宏 ヨイトマケの唄

1966年、前年の内にレコード化された「ヨイトマケの唄」(「ふるさとの空の下で」とのカップリング)が注目され、人気が再燃しました。

シンガー・ソングライターの走りですよ。
哲学や信条を詩にして曲を作って歌う人は、
フランスのシャンソン歌手にいましたが、日本にはいなかった。

私は被爆もしてますし、
貧しい炭鉱街に歌いに行った経験から、
つらさや悲しみを歌った戦争反対の歌とか従軍慰安婦の唄、
ヨイトマケの唄を作りました。
毛皮も宝石もやめてノーメーキャップでワイシャツ一枚で歌う。

仕事がこなくなって干されました。

でも間違ったことはしてないと思ってました。
昭和40年にテレビで「ヨイトマケの唄」を唄ったら、
ものすごい反響があってカムバックできました。

出典元:エキサイトブログ

ヨイトマケとは、建築現場の地ならしをする土方仕事のこと。昭和30年代までは、あちこちで見られた光景だったそうです。

ヨイトマケ

丸太を三本組み合わせてピラミッド型を作り、真中に重しをロープで吊り下げ、「エーンヤ」と引っ張って上にあげて、「コーラ」で手を離す繰り返しで地ならしをする。

そういった仕事をしている人は最底辺の人として差別されたそうです。その仕事を、友人のお母さんがされているその姿を歌っています。

美輪明宏
出典元:エキサイトブログ

美輪明宏さんの若い頃、三島由紀夫さんとの関係は?

美輪明宏さんと三島由紀夫さんが出会ったのは昭和26年頃、美輪明宏さんが音楽学校に行っていて、アルバイトをしていた銀座の喫茶店だったそうです。

美輪明宏さんが16歳、三島由紀夫さんが26歳の時でした。

三島由紀夫さんは、新進作家といわれていたころで、まだ全国的な人気はなかったころです。

三島由紀夫さんに気に入られた美輪明宏さんは、声をかけられました・・・

「まあ、座れ」って言われて座って、「何か飲むか」って言われて、「芸者じゃないから結構です」って言ったんですよ。で、「かわいくないな」って言われて、「ええ綺麗だからかわいくなくていいんです」って言ったんですよ。そしたら「こういうのをね、マスターベーションっていうんだ」ってさんざん毒づかれて、しばらくしてから、「これでよろしいですか?」ってパッて席をたったんですよ。それが逆に、面白いやつだな、ってなったんですよ。

出典元:テレビ朝日

その後、美輪明宏さんはシャンソン喫茶「銀巴里」で専属歌手となりますが、三島由紀夫さんはずっと応援してくれました。

美輪明宏さんの若い頃、三島由紀夫さん脚本の「黒蜥蜴」で主演

美輪明宏さんは、1968年、三島由紀夫さんが脚本を書いた舞台「黒蜥蜴」で主演を務めました。

美輪明宏

美輪明宏さんと三島由紀夫さん

出典元:エキサイトブログ

美輪明宏さんの若い頃、三島由紀夫さんの愛人だったのか?

当時、二人でいることが多かったようで、美輪さんが三島さんの愛人であることは、公然の秘密となっていましたが・・・

美輪明宏さんは、三島由紀夫さんに対して

私は尊敬する人には恋愛感情を抱きません。尊敬できる人はあくまでも尊敬している人。恋愛感情になってしまうと何かグレードが落ちるような気がするからです。

と話していています

二人は恋愛関係になることはなかったようです。しかし二人は深い友情で結ばれていました。

美輪明宏さんの若い頃、三島由紀夫さんが割腹自殺

1970年11月25日、三島由紀夫さんは市ヶ谷の自衛隊駐屯地内で割腹自決。45歳という若さでこの世を去ります。

三島由紀夫さんは割腹自殺の直前、11月にバラの花束を抱えて、美輪明宏さんがコンサートを開催する日劇の楽屋を訪ねています。

その時、三島由紀夫さんは

もうこれっきり、君の楽屋には来ないからね。今日も奇麗だったよ!なんて嘘をつくのがつらいから、もう来ないよ。

と言って去っていったそうです・・・彼流のお別れの言葉だったのでしょうか?

美輪明宏さんの若い頃、ジョジョのモデルになったのは本当なの?

美輪明宏さんがジョジョのモデルになったのではないかというウワサがありますが・・・どうなのでしょうか?

美輪明宏の若い頃を知っている人は、今の時代いませんが、その美しさはジョジョの世界観とあっているのでしょうか。モデルとなったといわれても違和感がありませんね。

美輪明宏さんの若い頃、まとめ

美輪明宏さんは今現在も独特のオーラのある存在ですが、若い頃の経歴もすごいものがありました・・・生まれ持っての美しさと、過酷な戦争体験、同性愛者としての生きづらさも今とは比較にならないくらいだったでしょう。歌手・エンターテイナーとしての才能にあふれた方だと感じました。

1930年代生まれ
スポンサーさまリンク
スポンサーさまリンク
hironobuをフォローする
スポンサーさまリンク
思い出の芸能人

コメント