倍賞千恵子さんの若い頃、美しさを画像で振り返ります

倍賞千恵子

倍賞千恵子さんは、妹の倍賞美津子さんとともに長く芸能界で活躍されています。「男はつらいよ」の渥美清さんの妹役「さくら」の演技が印象的ですが、歌手としても活躍されていました。そんな倍賞千恵子さんの若い頃を画像を中心に振り返ります

倍賞千恵子 下町の太陽

スポンサーリンク

倍賞千恵子さんのプロフィール

倍賞千恵子

  • 生年月日 1941年6月29日(78歳)
  • 出生地 東京都豊島区西巣鴨
  • 配偶者 小六禮次郎
  • 著名な家族 倍賞美津子(妹)
  • 身長159センチ
  • 北区立紅葉中学校(現在の北区立滝野川紅葉中学校)

倍賞千恵子さんは豊島区西巣鴨で生まれました。

父は都電の運転士、母は車掌でした。

倍賞千恵子さんの父:倍賞美悦さんは秋田県鹿角郡の出身で、中学のとき東京に出て、数え年15のとき少年車掌の試験を受け合格しました。

母:青木はなさんは茨城県真壁郡大和村(現:桜川市)出身。母も小学校卒業後、東京で女子車掌となり美悦と知り合い結婚しました。

幼少時から歌がうまく、「のど自慢」荒らしとして知られ、みすず児童合唱団を経て、1957年、松竹音楽舞踊学校に入学。

1960年、同校を首席で卒業し、松竹歌劇団(SKD)13期生として入団、若くして「逸材」と注目されました。

倍賞千恵子

倍賞千恵子

倍賞千恵子さん、松竹映画でデビュー

1961年、松竹映画にスカウトされ松竹歌劇団を退団し、『斑女』(中村登監督)で映画デビューします。

倍賞千恵子 斑女

1963年、山田洋次監督の映画『下町の太陽』に主演して以降、山田作品に欠かせない庶民派女優となります。

倍賞千恵子 下町の太陽

倍賞千恵子 下町の太陽

1963年に『下町の太陽』で歌手としてもデビューし、第4回日本レコード大賞新人賞を受賞。NHK紅白歌合戦にも4年連続出場しました。

倍賞千恵子 下町の太陽

1965年「さよならはダンスの後に」が大ヒット

さよならはダンスの後に

この曲は発売後1年で150万枚を売り上げました。

倍賞千恵子さんの若い頃、山田洋次作品の常連に

倍賞千恵子 男はつらいよ

映画『男はつらいよ』シリーズでは渥美清演じる主人公、車寅次郎の妹さくら役を演じ、大人気となりました。

倍賞千恵子 男はつらいよ

倍賞千恵子 男はつらいよ

倍賞千恵子 沢田研二 男はつらいよ

倍賞千恵子 沢田研二 男はつらいよ

倍賞千恵子さんの若い頃、山田洋次監督との作品は60本以上

『男はつらいよ』シリーズだけでなく、山田洋次監督の多くの作品に、主演・準主演で出演しています。

倍賞千恵子さんの若い頃、1981年「駅(STATION)」では高倉健さんと共演

高倉健さんと恋仲になる、居酒屋のおかみを演じています。八代亜紀さんの「舟歌」が流れていました・・・

高倉健 倍賞千恵子

高倉健 倍賞千恵子

高倉健 倍賞千恵子

高倉健さんの若い頃のエピソードを画像で紹介します
日本が世界に誇る映画スター、高倉健さんの若い頃から全盛期の活躍を画像で振り返ります。エピソードもご紹介します。任侠映画で大スターとなりましたが、その後さまざまな役を演じていきま

倍賞千恵子さんの若い頃、「ハウルの動く城」で声優に

2004年には、宮崎駿監督のアニメ映画『ハウルの動く城』ではヒロインであるソフィーの声を担当し、主題歌『世界の約束』を歌っています。

ハウルの動く城

倍賞千恵子さんの若い頃、コント番組にも挑戦

長年、松竹専属の映画女優で、テレビ出演は少なかったのですが、フジテレビのコント番組『志村けんのだいじょうぶだぁ』に出演したときには『男はつらいよ』のパロディを演じて大うけしています・・・

倍賞千恵子さんの若い頃、まとめ

倍賞千恵子さんの若い頃の活躍を画像を中心に振り返ってみました。「男はつらいよ」のさくらのイメージしかなかったのですが、圧倒的な歌唱力で、いい曲もたくさん発見できました。

「さよならはダンスの後に」は、古さを感じさせない名曲ですが、1965年の作品なんですね。50年以上前ですね・・・

倍賞千恵子さんの最近の活躍も調べてみたいと思います。

倍賞千恵子

倍賞千恵子さんの若い頃、美しさを画像で振り返ります
倍賞千恵子さんは、妹の倍賞美津子さんとともに長く芸能界で活躍されています。「男はつらいよ」の渥美清さんの妹役「さくら」の演技が印象的ですが、歌手としても活躍されていました。そんな倍賞千恵子さんの若い頃を画像を中心に振り返ります

コメント