奈美悦子さんの昔の若い頃を美しい画像でふりかえります

奈美悦子
スポンサーリンク

現在も女優として大活躍している奈美悦子さんの昔の若い頃を画像でふりかえります。デビューの、由美かおるさん、金井克子さんとの「レ・ガールズ」時代から女優として多くのドラマに出演されています。そんな奈美悦子さんの経歴をたどります。

スポンサーリンク

奈美悦子さんの芸能活動を振り返る

そんな奈美悦子さんの芸能活動を振り返ってみたいと思います。

プロフィール

奈美悦子さんは1950年12月27日生まれの団塊世代です。

両親と2歳の奈美悦子さん

  • 現在は69歳になりますね
  • 奈良県の香芝市の出身
  • 本名 並川悦子(なみかわえつこ)
  • 大阪女子短期大学付属高等学校の卒業
  • 西野バレエ団出身
  • 身長168㎝
  • 息子は元タレント・俳優の並川倖大(なみかわこうた)

1962年、西野バレエ団に入団!

1962年、1500人の中から選出され、西野バレエ団に入団しました。いまでいうと芸能プロダクションですね。

1960年代以降のテレビブームに多くの芸能人を送り出しています。

奈美悦子さんだけでなく、

由美かおるさん

由美かおる
引用元:citizen journal

金井克子さん

金井克子
引用元:getsongbpm

岸ユキさん

画像: 岸ユキ - めまい - A-59 - レコード・データベース
Google で見つかった snowrecords.jp の画像

原田糸子さん

画像: 原田糸子 写真 (4 / 5 ) | Last.fm
Google で見つかった last.fm の画像

江美早苗さん

リダイレクトの警告

といった多くの女優を輩出しています。

ダンスグループ「レ・ガールズ」で大人気に!

特に、西野バレエ団の中の優秀なメンバーで構成された、ダンスグループ「レ・ガールズ」は当時の若者に熱狂的な支持を受けていたそうです。

金井克子、原田糸子、由美かおる、江見早苗などと、バレエ団のユニット「レ・ガールズ」として活躍しました。

1967年7月に「大阪ブルース」で歌手デビュー

1967年7月には「大阪ブルース」で歌手デビューしました。

「恋は気まぐれ」 (1968.8) 作詞 : なかにし礼 作曲 : 大野正雄

19歳で初恋の相手と結婚!

1970年に19歳で、ヴィレッジシンガーズのドラマーだった林ゆたかさんと結婚。

初恋の相手だったそうです。

ヴィレッジシンガーズは当時のグループサウンズのグループで「亜麻色の髪の乙女」が大ヒットしていました。スター同士の結婚ですね。

亜麻色ってどんな色なのか、いまいちわかりませんが・・・

幸せな結婚生活は長くは続かず・・・1972年には離婚しています。

林ゆたかさんはその後、俳優として活躍し、引退後は実業家として、ライブハウス「ケントス」やビートルズコピーバンドライブハウス「キャバンクラブ」「アビーロード」等を東京大阪福岡で展開し成功させています。

1975年一般人の実業家と結婚

1975年に実業家と結婚するが、2か月後に再婚相手の会社が倒産してしまいました。

1976年に長男の倖大を出産するが、1980年に離婚。

 

この投稿をInstagramで見る

 

奈美悦子さん(@nami.etsuko)がシェアした投稿

2004年に難病に罹り、芸能活動を休止

2004年には掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)性骨関節炎のため芸能活動を休業しました。

2007年に事実婚であった緒方博さんと再再婚

2007年に20年来交際していた、ドラマ監督の緒方博さんと再再婚しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

奈美悦子さん(@nami.etsuko)がシェアした投稿

まとめ

昔の画像をふりかえってみても若い頃の奈美悦子さんはアイドルにふさわしい、かわいい女性でした。

今も元気に過ごされていますし、ご家族も幸せそうですね。レ・ガールズの他のメンバーについてはまた調べてみたいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

奈美悦子さん(@nami.etsuko)がシェアした投稿

奈美悦子さんは大きな病気をされていました。現在は治癒していますが、闘病については別の記事にまとめましたので参考にしてください。

奈美悦子さんはどんな病気だった?現在は治ったの?
1960年代から芸能界で活躍されている女優でタレントの奈美悦子さん。 以前大病にかかっていました。 奈美悦子さんはその病気のつらさに遺書まで書いたそうです。 今回はそんな奈美悦子さんの壮絶な病気との闘いや現在の状況についてご紹介します。

コメント