仲間由紀恵さんの若い頃からのロングヘアーを堪能します!

仲間由紀恵
スポンサーリンク

今や大河ドラマの主役や紅白歌合戦の司会を務めるなど、大女優となった仲間由紀恵さんですが、若い頃は美しさとコミカルな演技で親しみやすい・・・そんなイメージがありました。そんな仲間由紀恵さんの若い頃を画像で振り返ります。

スポンサーリンク

仲間由紀恵さんのプロフィール

  • 生年月日 1979年10月30日(40歳)
  • 出生地 沖縄県浦添市
  • 身長 160 cm
  • 血液型 A型
  • 日出女子学園高校

仲間由紀恵さんの若い頃、5人兄弟の末っ子として沖縄で生まれる

仲間由紀恵さんの父親は遠洋漁業の漁師でした。兄3人姉1人の末っ子として生まれました。

1993年、14歳の時に地元のタレント養成学校「沖縄タレントアカデミー」に入学。タレントの勉強を始めました。

1994年に、沖縄テレビ放送のドラマ「青い夏」でドラマ初出演。

15歳で上京。芸能人も多く所属する、日出女子学園高校に入学。東京で本格的に芸能活動をスタートします。

ともさかりえさん主演の映画『友子の場合』に嶋田咲子役で出演しました。

小室哲哉さんの音楽番組『TK MUSIC CLAMP』(フジテレビ)のエンディング曲「MOONLIGHT to DAYBREAK」で歌手デビュー。

仲間由紀恵仲間由紀恵

曲調はもろに小室サウンドですね!

仲間由紀恵さんの若い頃、『リング0 バースデイ』で映画初主演

2000年、『リング0 バースデイ』で映画初主演します。貞子役を演じて役者としての演技力を発揮します!

リング 仲間由紀恵

リング 仲間由紀恵

リング 仲間由紀恵

仲間由紀恵さんの若い頃、『TRICK』トリック(テレビ朝日)の山田奈緒子役でブレイク!

仲間由紀恵さんの代表作となる『TRICK』トリックは2000年からスタート。『TRICK』トリックはシリーズ化され、スペシャル版や劇場版も作成されるヒット作になりました。

トリック 仲間由紀恵

阿部寛さんと仲間由紀恵さんは名コンビでしたね。

仲間由紀恵さんの若い頃、『ごくせん』に主演

2002年、森本梢子さん原作の漫画『ごくせん』をドラマ化したテレビドラマに主演。

やくざ一家で育った高校教師山口久美子(通称・ヤンクミ)を演じて、これが当たり役になりました。

仲間由紀恵 ごくせん仲間由紀恵 ごくせん

仲間由紀恵 ごくせんごくせん 仲間由紀恵

仲間由紀恵さんの若い頃、NHK大河ドラマ『功名が辻』の主役を演じる

NHK大河ドラマ『功名が辻』の放送開始時点では、女優としては最年少である26歳2か月での主役でした。

仲間由紀恵さんの若い頃、CMでも好感度大!ロングヘアーが美しい

仲間由紀恵さんといえばCMでも印象的なものが多いですね・・・

最近は、谷村新司さんとデュエットしています

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

10の秘密ヤバすぎ #10の秘密#こんな結末になるなんて #仲間由紀恵

さくら(@saku.ra813)がシェアした投稿 –

仲間由紀恵さんの若い頃、まとめ

仲間由紀恵さんの若い頃の画像と映像を振り返ってみました。

アイドル的なデビューから演技の幅を広げて親しみやすい女優へ成長していますね。紅白歌合戦でも常連になっています。

これからの40代50代でまだまだ活躍する姿が楽しめそうです!

コメント