常盤貴子さんの若い頃の「ビューティフルライフ」な画像をチェック!

常盤貴子

常盤貴子さんは、木村拓哉さんと共演したドラマ「ビューティフルライフ」で大人気となり、今も多くのドラマ・CMで活躍されています。

しかし、デビュー当時はドラマのわき役などの下積みがあったようです。若い頃の常盤貴子さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

常盤貴子さんのプロフィール

  • 生年月日:1972年4月30日(48歳)
  • 出生地 :神奈川県
  • 身長 :162 cm
  • 血液型 :A型
  • 西宮市立春風小学校
  • 西宮市立上甲子園中学校
  • 西宮市立西宮東高等学校
  • 駒沢学園女子高等学校
  • 関東学院女子短期大学家政科生活文化専攻卒業

常盤貴子さんは1972年4月、神奈川県横浜市で生まれました。

小学4年生の時、父親の転勤に伴い兵庫県西宮市へ転居、高校1年までの7年間を同地で過ごしました。

短大入学後の1991年夏、スターダストプロモーションに所属して芸能活動をスタート。

芸能活動当初は、ドラマのわき役やCMの仕事をしていましたが・・・なかなか有名にはなりませんでした。

まだ人気が出てなかった頃の常盤貴子さんはこのようなバラエティに出演していました。

1993年に、フジテレビ系ドラマ 『悪魔のKISS』で、カード地獄に落ち借金苦から風俗嬢に転落する女子大生役を演じ、その体当たりの演技が話題となりました。

フジテレビの深夜バラエティ 『殿様のフェロモン』にサブ司会者として出演。

常盤貴子

しかし、この番組は内容が過激だったせいか半年で終了してしまいました。

常盤貴子

しかし、飾らない人柄と演技力で数多くのドラマに出演するようになっていきました。

1994年秋のTBS系ドラマ『私の運命』で不倫と純愛の間をさまよう上昇志向の強い看護師役を演じました。

常盤貴子

さらに、1995年夏のTBS系ドラマ『愛していると言ってくれ』では、耳が不自由な青年画家(演:豊川悦司)の恋人役を演じました。

常盤貴子・豊川悦司・ドリカム!北川悦吏子 脚本のトレンディドラマの王道でした

常盤貴子さんの若い頃、香港映画に出演

1999年夏公開の香港映画 『もういちど逢いたくて -星月童話』で俳優 故レスリー・チャン(張國榮)と共演。アジアでも人気女優となっていきました。

常盤貴子さんの若い頃、ドラマ『ビューティフルライフ』が大人気に!

2000年冬に主演したTBS系ドラマ『ビューティフルライフ』は30%を超える平均視聴率(最高視聴率41.3%)を獲得し、「車椅子 常盤貴子モデル」も話題になりました。

イケメンで腕は確かだけれど人気のない美容師の男性、沖島柊二と
図書館司書で難病に冒され車椅子で生活する女性、町田杏子の切ないラブストーリー。

脚本はトレンディドラマの女王、北川悦吏子さん。

このドラマで常盤貴子さんの人気は定着、その後も大活躍していきました。

常盤貴子 木村拓哉 ビューティフルライフ

常盤貴子さんの若い頃、CMでも大人気だった!

CMというか、番宣での常盤貴子さん。赤のスーツが素敵ですね。

常盤貴子さんの若い頃、まとめ

ビューティフルライフ」もすでに20年前になるのですね。今見ても古さを感じさせないドラマですね。

常盤貴子さんは美人だけど親しみやすいイメージで、人気があるのもわかります。

最近ではますます美しくなってきたように感じますが、みなさんはどうおもわれますか?

コメント