北大路欣也さんの若い頃の二枚目ぶりを画像で堪能します!

北大路欣也
スポンサーリンク

北大路欣也(きたおおじ きんや)さんは、最近も「半沢直樹」に「三匹のおっさんシリーズ」、そして、「ソフトバンク」のCMと、ジャンルを問わず、幅広い活躍をされています。

今回は、そんな北大路欣也さんの若い頃の二枚目ぶりを画像を交えて堪能します。

海軍 北大路欣也海軍 北大路欣也

スポンサーリンク

北大路欣也さんのプロフィール

  • 本名 淺井 将勝(あさい まさかつ)
  • 生年月日 1943年2月23日(77歳)
  • 出生地 京都府京都市
  • 身長 174 cm
  • 血液型 A型
  • 京都市立紫竹小学校
  • 同志社香里中学校から暁星中学校に編入
  • 暁星高等学校
  • 早稲田大学第二文学部演劇専修卒業
  • 趣味 スキューバダイビング、読書、絵画、ゴルフ、クレー射撃

北大路欣也さんは、映画俳優・市川右太衛門の次男として生まれました。

市川右太衛門

市川右太衛門

出典元:この映画を観ずして死ねるか!

1956年(昭和31年)、映画『父子鷹』で勝海舟の少年時代役を演じ役者デビュー。

北大路欣也さんの芸名の由来は、父親の市川右太衛門さんの邸宅が京都の「北大路」にあり、お父さんが 「北大路の御大」と呼ばれていたことから、芸名が「北大路」になりました

デビュー作は小学校6年生の時に撮影され、中学1年生の時に封切られました。

北大路欣也

当時は戦後の映画復興期で、父の市川右太衛門をはじめ、大河内伝次郎、片岡千恵蔵、月形龍之介といった時代劇スターの背中をみて育ちました。

「ロケバスに乗り遅れて、大河内さんの車に乗せてもらったこともありました。『丹下左膳だ!』と思いながらね」

北大路欣也さん 少年時代

北大路欣也 少年時代

北大路欣也さんの若い頃、15歳で映画初主演!

北大路欣也さんの父親、市川右太衛門は役者と東映の役員も兼務していたため、御曹司として順調にキャリアを重ねていき、1958年(昭和33年)に映画『少年三国志』で15歳にして映画初主演を果たします。

少年三国志 北大路欣也

少年三国志 北大路欣也

北大路欣也さんと同様に、東映の二世スターで同級生の松方弘樹さん。

松方さんは東映スター、近藤十四郎の長男でした。

二人は二世スターとしてライバル視されていました。

北大路欣也さんの若い頃、早稲田大学進学後、本格的に俳優の道に

10代の頃は俳優を職業にする気はなく、出なさいと言われていたから出ていただけであると語っています。

早稲田大学第二文学部演劇科に入学。進学後は、役者・映画・カメラマンなどを目指して努力している友人たちに刺激され本格的に役者の道を目指すことに・・・

彼らは、ここでゼロから築き上げて、その道を進んでいく。自分はもうレールを引いてもらっているのに、18才のその時まで、そんな情熱は持っていなかったと気付きました。みんなに負けちゃならんという気持ちで、よし! もう一回このレールの上を思いっきり走ってみようと思ったんです。

出典元:waseda.jp

北大路欣也さんの若い頃、リア王で舞台初出演

早稲田大学の演劇学科では当初、裏方の仕事、小道具や照明、衣装係をしていました。

しかし友人たちから

「早稲田に入ってきたのだから、1回くらいシェイクスピアをやれ! お前、一生チャンバラで終わるのか」

出典元:waseda.jp

といわれ、一人の学生として、舞台『リア王』のエドガー役を演じることに・・・

しかし、初めての演劇に戸惑いセリフに苦労しました。

舞台も初めてで、相当緊張し、イイノホールの幕が上がる時にはどうなることかと思いました。でも、一生懸命でした。そして、幕がスーッと降りる瞬間です。お客様の姿が幕によってスーッと消えていく瞬間、舞台と客席の間で共有していたものが二つに分かれるその時、なんともいえない感動を覚えました。初めての経験でした。

出典元:waseda.jp

早稲田大学での経験がその後の演技の幅を広げていくきっかけになりました。

北大路欣也さんの若い頃、映画『海軍』で現代劇初主演

1963年(昭和38年)には映画『海軍』で現代劇初主演。千葉真一さん、三田佳子さんと共演しています。

海軍 北大路欣也

海軍 北大路欣也

戦争映画というよりも北大路欣也と三田佳子さんの淡い恋愛が描かれています。

三田佳子さんの若い頃の美しさを画像で確認しました!
三田佳子さんは、息子さんの問題で世間を騒がせていますが、素晴らしい経歴の大女優であることは変わりありません。そんな三田佳子さんの若い頃を画像を交えてふりかえってみます。

海軍 北大路欣也

海軍 北大路欣也

海軍 北大路欣也

海軍 北大路欣也

海軍 北大路欣也

海軍 北大路欣也

海軍 北大路欣也

千葉真一さんが主演予定でしたが、北大路欣也さんに変更になったとのことです。

北大路欣也さんの若い頃、大河ドラマ「竜馬がゆく」に主演

1968年(昭和43年)、25歳で大河ドラマ『竜馬がゆく』に主演。当時としては珍しく、土佐弁のセリフを使う試みも話題になりました。

北大路欣也 竜馬がゆく

竜馬がゆくでの北大路欣也さん

そもそも生まれた家柄が良かったわけではなく、か弱かった少年が、乙女姉さんによって変わり、時代によって変わっていく。『竜馬がゆく』はそういう発見のドラマで、テレビの世界も何もかも変わっていく時代の精神状態が、ぴたりと一致したのかもしれません。僕だけではなく、他の俳優さんたちもみな、必死になって戦っていました。毎晩のように飲んで、お互いを励まし合い、支え合い、勇気づけ合って、まるで維新の時代の若者そのもののようでした

出典元:bunshun.jp

と語っています。

竜馬がゆく 北大路欣也

昭和43年、大河ドラマ『竜馬がゆく』の原作者・司馬さん(右)と演出・和田勉さん(左)

出典元:bunshun.jp

北大路欣也さんの若い頃、大河ドラマ『独眼竜政宗』に出演

NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』では、主役の渡辺謙さん演じる伊達政宗の父親、伊達輝宗を演じました。

伊達政宗 北大路欣也

このドラマは、NHK大河ドラマ歴代最高視聴率39.8%を記録し、当時大人気となりました。

伊達政宗 北大路欣也

渡辺謙さんもこのドラマでブレイクしましたね。

渡辺謙 伊達政宗

渡辺謙さんの若い頃の画像がかっこよすぎる件について再確認しました
今や世界の渡辺謙となりましたが、若い頃のかっこよさは想像以上でした。深刻な病気もされましたが見事に克服されました!渡辺謙さんの俳優としての成長を一緒にたどっていきましょう!

岩下志麻さんの落ち着いた演技も評判でした。

伊達政宗 岩下志麻

岩下志麻さんの若い頃の美しい写真に驚愕しました!野際陽子さんにそっくり?も確認!
岩下志麻さんは78歳になった今も、化粧品のCMに出演するなど美しさを保っています。若い頃からの美しさを再確認するためにふりかえってみます。また、いつまでも若さを保つ秘訣も調べてみました。

北大路欣也さんの若い頃、『八甲田山』で高倉健さんと共演

1977年(昭和52年)、高倉健さんとともに映画『八甲田山』に主演。

1977年の日本映画第1位を記録し、第1回日本アカデミー賞主演男優賞を受賞しました。

劇中での神田大尉の台詞「天は我々を見放した」は当時の流行語になりました。

実話をもとにしたこの映画の内容はかなりヘビーで、観たあとは気分が暗くなります。これが当時の日本映画第1位というのもすごいことです。

北大路欣也さんの若い頃、「華麗なる一族」での木村拓哉さんとの親子が話題に

万俵大介役を演じ、主人公の万俵鉄平を演じる木村拓哉さんとの親子関係の確執を重厚に演じました。

華麗なる一族 北大路欣也

華麗なる一族 北大路欣也

華麗なる一族 木村拓哉

華麗なる一族 北大路欣也

華麗なる一族 木村拓哉

北大路欣也さんの若い頃、CMでも手抜きなしの演技力を確認!

北大路欣也さんの実直なイメージにぴったりのCMでした

北大路欣也 白鶴CM

いいお父さん役もハマっています。後藤久美子さんの初々しさも見どころ

わりと最近のCMですが、北大路欣也さんには総理大臣役が似合いますね

こんなのもありました

微妙に笑いをこらえている演技がイイですね

北大路欣也さんの若い頃、まとめ

最近も二世俳優は数多く活躍されています。

北大路欣也さんは、その元祖のような存在ですね。しかし元来の真面目な性格からか恵まれた境遇に甘えることなく役者として活躍されてきました。

高倉健さんとはまた少し違った日本の男性の見本のような方ですね。

コメント