奈美悦子さんはどんな病気だった?現在は治ったの?

スポンサーリンク
1960年代から芸能界で活躍されている女優でタレントの奈美悦子さん。以前大病にかかっていました。奈美悦子さんはその病気のつらさに遺書まで書いたそうです。今回はそんな奈美悦子さんの壮絶な病気との闘いや現在の状況についてご紹介します。

スポンサーリンク

奈美悦子さんのプロフィール

  • 1950年12月27日生まれ。
  • 現在は69歳になります
  • 奈良県の香芝市の出身
  • 本名 並川悦子
  • 大阪女子短期大学付属高等学校の卒業
  • 西野バレエ団出身
  • 身長168㎝
  • 息子は元タレント・俳優の並川倖大さん(なみかわこうた)

両親と2歳の奈美悦子さん

奈美悦子さんがかかった原因不明の難病とは?

病気が発症したのは、2004年1月7日。

今でもはっきり覚えているそうです。

症状は、まず手のひらに湿疹がでて、鎖骨の下や胸・首に激痛が・・・

医者に診てもらったが原因がわからず、日本全国50か所以上の病院に行ったそうです・・・

症状は尋常でない痛みで、毎日地獄のような痛みを感じていました。激痛で失神し、病院に運ばれたことも。

痛さで歯を食いしばったせいで歯が2本折れたそうです。発症してから1カ月足らずでそのような状態になりました。

2004年9月末に、秋田県のお医者で確かな診断が下されました。

奈美悦子さんの病気、病名は「掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)」

完治するかどうかもわからない。唯一処方してもらえるのは、ビタミンHのみ、とのことでした。

しかも、その症状の中でも数パーセントのひどいレベル。掌蹠膿疱症性骨関節炎(しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん)という症状です。

骨が変形しトゲのある状態になり、神経を刺激するようになる恐ろしい病気です。

この時点で私が確信したのは、「医者は患者の苦しみは分からないし、病気を治してはくれない。治すのは患者本人」ということでした。医者から知識や知恵をもらったら、あとは自分との闘い。自分の強い意志しか自分を治せない、と。

主治医からの注意点は、

  • 喫煙しない
  • 激しい運動をしない
  • 生卵(白身)を食べない
  • 15分以上の歩行の禁止
  • 処方された薬を飲むときはその都度相談すること

などでした・・・

治療内容は、ビオチン治療と、食事療法で体質の改善を図るというものでした。

ビオチンは水溶性ビタミンで、湿疹の治療薬として利用されています。

奈美悦子さんの病気、健康のために雑穀米アドバイザーの資格を取得!

一番大事なものは「食べ物」ではないかと気づき、体に良い食べ物を研究されたそうです。

その中で、雑穀の栄養素に着目し、「雑穀アドバイザー」の資格まで取得されました。

この当時「雑穀アドバイザー」は日本には36人しかおらず、ほとんどが医療関係者だったとのことで、芸能人は奈美悦子さんだけだったそうです。

野菜は旬のものを食べることで栄養を100%摂取できる。腸内環境を良好に保つため食物繊維をたくさん取るようにされました。

奈美悦子さんの病気の症状は徐々に改善された!

奈美悦子さんは食生活改善と医師との治療方法を徹底し、ご主人の協力もあって症状はどんどん良くなっていきました。

2007年には寛解状態(医学的に問題のない状態)まで改善しました。

奈美悦子さんの病気、治療の途中で禁煙に成功!!

奈美悦子さんは、超のつくヘビースモーカーで、一日に4箱もタバコを吸っていたそうです。

「死んでも、お墓にはタバコを供えてほしい」

「無人島に何を持っていくか聞かれたら、迷わず『タバコ』と答える」

そんなヘビースモーカーの奈美悦子さんでしたが、医者から、“治療薬が効かなくなる”と禁煙を勧められました。

家族に『タバコをやめる!』と宣言したのは、忘れもしない、2004年8月13日。でも、優柔不断で意志の弱い私には、とても禁煙を貫く自信なんてありませんでした

そんな奈美悦子さんに家族が協力してくれました。

「私が禁煙宣言をしたら、夫が『君がやめるなら、オレもタバコやめよう』と。さらに息子までが『じゃあ、オレもやめるわ』と。家族全員で禁煙に取り組むことになったんです。これはすごく助かりました。だって、近くで吸われていたら、こちらもつい手が伸びちゃうじゃないですか」

禁煙を始めたばかりのころはお互いに励ましあったり、それぞれが喫煙していた時間を家族で話し合うことにあてたりして乗り切ったそうです。

「タバコをやめてから、1カ月後に、肌ツヤが変わったことに気がついたんです。キメが細かくなって、くすみがとれているのが歴然!髪にもハリが出て、ヘアメークさんから 天使の輪ができている と驚かれました」

それ以来、家族全員で禁煙して、健康になったとのことです。さらに家族の絆も深まったようです。

奈美悦子 IKKO

闘病の様子を動画で話されています。

奈美悦子さんの病気の治療をサポートした息子の並川倖大さんは今どうしているのか?

当初は、俳優として「新・天までとどけ」をはじめとしてドラマや映画に出演していました。

現在は、加圧トレーニングスタジオ「TEAM8」を経営されています。

名前の表記は並川 孝太さんとされているようです。元俳優の人脈を生かし、俳優芸能人のパーソナルトレーニングを手掛けています。

並川孝太さん奥様の由美子さん

並川孝太さん奥様の由美子さん

病気を克服して、ご家族も順調に過ごされているようです。

奈美悦子さんはどんな病気だった?まとめ

大変な病気をされた奈美悦子さん。現在は病気を克服されて活躍されています。同じ病気で苦しまれている方も、奈美悦子さんの活躍に励まされているということです。

ご家族の仲の良い様子も画像から伝わってきますね。本当によかったです。

奈美悦子さんの若い頃からの活躍は別の記事でまとめましたので参考にしてください。

奈美悦子さんの昔の若い頃を美しい画像でふりかえります
現在も女優として大活躍している奈美悦子さんの昔の若い頃を画像でふりかえります。デビューの、由美かおるさん、金井克子さんとの「レ・ガールズ」時代から女優として多くのドラマに出演されています。そんな奈美悦子さんの経歴をたどります。

コメント