田中裕子さんの若い頃のかわいい画像を発掘しました! 

田中裕子
スポンサーさまリンク

田中裕子さんは現在も、女優として活躍されていますが、若い頃から演技力と妖艶な魅力で日本のトップ女優でした。とくに、連続テレビ小説『おしん』で主役を務め、過労で倒れるほどの演技で世界的な女優となりました。若い頃のかわいい画像を集めました。

スポンサーさまリンク

田中裕子さんのプロフィール

  • 本名 澤田 裕子(さわだ ひろこ)
  • 生年月日 1955年4月29日(64歳)
  • 出生地 大阪府池田市
  • 札幌市立向陵中学校
  • 北海道札幌西高等学校卒業
  • 藤女子短期大学中途退学
  • 明治大学文学部演劇学科卒業
  • 身長 160 cm
  • 配偶者 沢田研二(1989年 – )

田中裕子さんは明治大学3年の時に文学座演劇研究所の試験を受けましたが、「女優になろう」という意識はあまりなかったそうです。

演技よりどちらかというと図工や体育が好きだったので「照明でもやろうか」と考えていました。

田中裕子さんの若い頃、『マー姉ちゃん』でデビュー

NHKのオーディションに合格して女優の道に進むことになりました。

1979年(昭和54年)のNHKテレビ小説『マー姉ちゃん』で主役の妹役としてデビュー。

『マー姉ちゃん』のオーディションに立ち会った平山チーフディレクターは、田中裕子さんのことを「いたずらな男の子みたいで、それでいて、しおらしく、その落差にひかれた」と話しています。

田中裕子さんの若い頃、『おしん』が空前の大ヒット!

1981年(昭和56年)の映画『ええじゃないか』『北斎漫画』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を受賞。

1983年(昭和58年)の、連続テレビ小説『おしん』で主役を演じ、アジアやイスラム圏を中心として世界的な有名女優になりました。

田中裕子

田中裕子

田中裕子 おしん

田中裕子 おしん

日本での『おしん』の平均視聴率は52.6%、最高視聴率は1983年11月12日放送(第186回「戦争編・東京の加代」)の62.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であり、テレビドラマ史上最高視聴率でした。

田中裕子 おしん

小林綾子さんの少女編の視聴率がどんどん上がっていく。そのバトンを受ける裕子ちゃんは相当なプレッシャーだったようです。

慣れない脚本に加え、ハードな撮影に過労で倒れてしまいました・・・

救急車がきて田中裕子さんはそのまま入院、撮影は1ヵ月休止になりました・・・

田中裕子 おしん

田中裕子さんの若い頃、1981年にTBSで放送されたドラマ「想い出づくり」のOL役が新鮮!

田中裕子 思い出作り

田中裕子 思い出作り

田中裕子 思い出作り

田中裕子 思い出作り

田中裕子さんの若い頃、1983年(昭和58年)には映画『天城越え』で娼婦役に挑戦!

田中裕子さんはこの映画でモントリオール世界映画祭主演女優賞受賞しました。

田中裕子 天城越え

田中裕子 天城越え

田中裕子 天城越え

田中裕子さんの若い頃、サントリーのCMは男性のあこがれだった・・・

田中裕子 サントリー樹氷

田中裕子 サントリーオールド

田中裕子 サントリー

共演の大森南朋さんが若いですね!

田中裕子 サントリー

田中裕子さんの若い頃、「夜叉」で高倉健さんと共演

1985年の映画「夜叉」では高倉健さんと共演。小料理屋のおかみを演じています。あぶない女の色気がただよっていました・・・

田中裕子 夜叉

田中裕子 夜叉

田中裕子 夜叉

田中裕子 夜叉

田中裕子 夜叉

田中裕子さんの若い頃、まとめ

田中裕子さんは出世作「おしん」以降も素晴らしい映画に出演されています。また、CMでも大人気でしたね。沢田研二さんの妻として連れ添いながらも女優業を続けているのでこれからも演技を楽しみにしたいと思います。

田中裕子さんと沢田研二さんの馴れ初めは?子供はいる?
現在もおしどり夫婦として有名な、沢田研二さんと田中裕子さんですが馴れ初めはどのような経緯だったのでしょうか?二人の関係は当時も話題になったようですね。沢田研二さんはザ・ピーナッツの伊藤エミさんと結婚していましたがそのあたりの経緯も調べてみました。
1950年代生まれ
スポンサーさまリンク
スポンサーさまリンク
hironobuをフォローする
スポンサーさまリンク
思い出の芸能人

コメント