志村けんさんの若い頃のイケメン画像を発掘しました!

志村けん
スポンサーリンク
志村けんさんがコロナウイルスで死去・・・
ドリフターズでの活躍から「変なおじさん」や「バカ殿」といった有名なギャグや、コントで国民から愛された、志村けんさんがお亡くなりになりました・・・最近までテレビで活躍されていたのに・・・残念でなりません

現在はお笑いの大御所になった志村けんさんの若い頃はとてもイケメンだったとのことです。「変なおじさん」や「バカ殿」といった有名なギャグや、ドリフターズ時代からコントで大人気になるまでを画像で振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

志村けんさんのプロフィール

  • 本名 志村康徳(しむらやすのり)
  • 生年月日 1950年2月20日(69歳)
  • 出身地 東京都北多摩郡東村山町(現・東村山市)
  • 血液型 A型
  • 身長 166cm

志村けん
出典元:tv asahi

志村けんさんの生まれ

1950年、小学校教諭であった父・憲司(けんじ)と母・和子(かずこ)の三男として東京都北多摩郡東村山町(現:東村山市)に生まれました。

二人の兄たち(長男の知之と次男の美佐男)は大学を卒業して公務員になっています。志村けんさん以外は堅実な進路ですね。

なお、芸名の「けん」は父親の名前から取ったものです。

幼い頃、父は厳格な人物で、家庭はいつも重苦しい雰囲気に包まれていましたがテレビのお笑い番組で漫才や落語を観ていた時だけは、「その時だけは父も声を出して笑っていた」と語り、そのような体験から、お笑い芸人の世界に憧れを抱くようになりました。

志村けんさんは、東村山第二中学校時代は文化祭でよくコントを披露していました。新設された東京都立久留米高等学校に進学し、同高の第1期生となっています。

志村けんさんの若い頃、いかりや長介さんに弟子入り志願からドリフターズ入り

志村けんさんは1968年2月、高校卒業間際にいかりや長介さんの家へ直接押しかけ、弟子入りを志願。

由利徹コント55号などにも弟子入りするか迷ったが、音楽性の面からドリフを選びました。

雪の降る中、いかりや長介さんの帰宅を12時間ほど待ち続けるも、門前払い同然の扱いで、容赦なく突き放されましたが、それでも食い下がったため、「バンドボーイ」が辞めてメンバーに欠員が出たらという条件で仮採用されました。

いかりや長介さんは後に「帰宅すると勝手に居ただけで待っててくれと言った覚えはない」と語っています。

志村けん

一週間後に呼び出された後楽園ホールで、いかりや長介さんから正式に採用を告げられた志村けんさんは、「じゃあ(高校)卒業したら来ます!」と答えると、「バーカ、明日から行くんだよ、青森に!」と言われ、翌日から青森巡業などへ同行させられるなど、すぐに多忙となりました。

加藤茶さんの付き人となりますが、1年余りで一度脱走。戻ってくる時はいかりや長介さんの家に行きにくかったので、加藤茶さんの家に行って頼み、口添えしてもらったところ、「二度も弟子入りする奴は、よくよく好きなんだろう」と出戻りを認めてくれました。その後、しばらく加藤茶さんのの付き人兼加藤家居候となりました。

志村けんさんの若い頃、ドリフターズのメンバーに!

1974年3月31日をもって荒井注さんが脱退し、4月1日にドリフターズのメンバーとなりました。

この時、いかりや長介さんは自分や荒井と同年代の新メンバー豊岡豊の加入、及び、すわしんじの昇格も検討していましたが、志村けんさんの順番であったことと、加藤茶さんの推薦により若手の志村けんさんが起用されました。志村けんさんが24歳のことでした。

 志村けんさんの若い頃、「東村山音頭」で人気者に!

ドリフターズの正式なメンバーになって2年間ほどは、ギャグがあまりウケず、志村けんさんにとってスランプの時代でした。

8時だよ全員集合」で「少年少女合唱隊」のコーナーの「東村山音頭」が大人気となりました。

志村けん

1979年に加藤茶さんとの「ヒゲダンス」がヒット!

志村けん ひげダンス

アメリカの黒人音楽、ソウルミュージックのファンだった志村けんさんはテディペンターグラスの曲をサンプリングして「ヒゲダンス」の曲を作りました。

オリジナルはテディペンターグラスの「Do Me」です・・・

志村けん ひげダンス

志村けん

1980年に「♪カラスの勝手でしょ〜(童謡『七つの子』の替え唄)」が大人気に

「ドリフの早口ことば」が続けてヒット!

ヒゲダンスでソウルミュージックを取り入れた続きで、よりファンク色の強い曲で大人気となりました。

志村けんさんの若い頃、独自のコントで大人気に!

1985年に「全員集合」が終わり、1986年から『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』がスタートしました。

加藤茶さんがボケで、志村けんさんがツッコミを担当していました。

 志村けんさんの若い頃、「変なおじさん」「バカ殿」がヒット

志村けんのだいじょうぶだぁ』での志村けんさんのギャグ。独特のピンクの衣装も印象的でした。

変なおじさん」と並んで志村けんさんの代表的なコントが「バカ殿」でした。これも大人気でした。

志村けんさんの若い頃、まとめ

ドリフターズの時代から、独自のコントで大人気となるまでの志村けんさんの若い頃を調べてみました。加藤茶さんとは気が合うようで、ドリフターズ後も一緒にテレビに出演していますね。志村けんさんのコントは今現在でも古さを感じさせないところがあり、不思議に感じました。

志村けんさんがコロナウイルスで死去・・・
ドリフターズでの活躍から「変なおじさん」や「バカ殿」といった有名なギャグや、コントで国民から愛された、志村けんさんがお亡くなりになりました・・・最近までテレビで活躍されていたのに・・・残念でなりません
加藤茶さんの若い頃は菅田将暉そっくりのイケメンだった?画像で比較します!
加藤茶さんの若い頃をデビュー当時から調べてみました。ドリフターズ加入で人気者となり「8時だよ全員集合」は視聴率50%の怪物番組となりました。菅田将暉そっくりのイケメンだったといううわさも画像で比較してみました。
いかりや長介さんの死因は?頸部リンパ節がんだった!
ドリフターズのリーダーとしての活躍、また晩年は味のある役者としても活躍されていた、いかりや長介さんですが、2004年3月20日に亡くなられました。72歳でした。死因は頸部リンパ節がんといわれています・・・晩年のいかりや長介さんの様子を振り返ってみます。

コメント

  1. 加藤寛教 より:

    志村けんさんへ、東京都東村山市出身。幼少期の時は、お笑いのテレビを見て、嫌な事を忘れる。志村けんさんは、マックボンボンの漫才や8時だヨ!全員集合のいかりや長介とザ・ドリフターズの付き人でもあったが、荒井注さんが勇退する前に、志村けんさんは、ドリフターズの見習いでもあった。その後、志村けんさんが正式ドリフターズに加入し、荒井注さんが3月一杯で、勇退。半年後、荒井注さんは、俳優やCMに復帰した、又、8時だヨ全員集合のゲスト出演、その後、ドリフ大爆笑を2回ゲスト出演。志村けんさんは、物凄く人気があり、東村山音頭やカラスのカラス、何故鳴くのォ~ッ!勝手でしょォ~ッ!が大絶賛。18時だヨ!全員集合は、16年間で最終回となり、荒井注さんが最後に、ザ・ドリフターズのメンバーを再会。8時だヨ!全員集合を16年間、御愛顧頂き、長い間ありがとうございました。その後、電リクだヨ!全員集合→ドリフフェスティバル!全員集合ベスト100→加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ→KATOKEN TVBASTER’S等、テレビで放送。いかりや長介とザ・ドリフターズ&加藤茶さん&志村けんさんの23年間、御愛顧頂き、本当にありがとうございました。志村けんのバカ殿様、志村けんの失礼しまぁす!、志村けんのだいじょうぶだぁ、天才!志村の動物園等、志村けんさんの良い番組を持って、本当に楽しかったです。志村けんさんの46年間、笑いを本当にありがとうございました。天国でも、良いテレビに出て下さい、宜しくお願いします。