浅丘ルリ子さんの若い頃、ハーフといわれた美形画像を発掘

浅丘ルリ子

太平洋戦争が終わり、日本が娯楽に飢えていたときに、中学二年で映画デビューした浅丘ルリ子さんは、日本を代表する大女優になりました。

若い頃は、ハーフではないか?と疑われるほどの美少女だったそうです。

浅丘ルリ子さんの美しさを画像で再確認していきます。

スポンサーリンク

浅丘ルリ子さんのプロフィール

  • 本名 :浅井 信子(あさい のぶこ)
  • 生年月日: 1940年7月2日(79歳)
  • 出生地:満州国・新京
  • 身長 :156cm
  • 血液型 :A型
  • 千代田区立今川中学校

浅丘ルリ子さんの若い頃、戦前に満州で生まれる

浅丘ルリ子さんは1940年、昭和15年に満州国新京市(現・長春)に生まれました。

父親の浅井源治郎は東京の下谷で生まれ、上海の東亜同文書院、中央大学卒業後、大蔵省に入省。

1933年、昭和8年に満州国奉天に派遣され、その地で母・ちょうと結婚、浅丘ルリ子さんは4人姉妹の次女として生まれます。

父は満洲国経済部大臣秘書官を経て1943年、昭和18年にタイのバンコクへ軍属として転居。太平洋戦争中ですね。

終戦後に一家はチャオプラヤー川の岸辺にあったバンバートン(バーンブァトーン Bang Bua Thong)抑留所へ強制収容されますが翌1946年には引き揚げが始まりました。

浅丘ルリ子さんが小学校3年生の時に父が代議士秘書の職を得て一家で東京神田鍛冶町の借家に落ち着きました。

実妹のクラスメートに星由里子さんがいました。

星由里子

星由里子さん

家庭は大変貧しかったものの母が毛布を裁断し染めることに依ってコートに仕立ててくれたりと貧しいながらにも創意工夫に満ちた生活を送っていました。

浅丘ルリ子さんの若い頃、映画のオーディションに合格、銀幕デビュー

読売新聞に連載されていた北条誠の小説(挿絵は中原淳一)『緑はるかに』を水の江瀧子プロデュース・井上梅次監督で映画化するに当たって、ヒロインのルリコ役を募集、これに応募しました。

当時、浅丘ルリ子さんは千代田区立今川中学校在学中でした。

1954年(昭和29年)11月23日に面接が行われ約3,000人の中から中原淳一が浅丘のメイクを見て「この子だ」と言い、強力な推薦によって選ばれ銀幕デビュー。

「ルリコカット」が当時の女性たちの間で大流行し、瞳の大きな美少女として脚光を浴びます。しかし学校を長期欠席しての撮影だったため、PTAと生徒会が奉祝の花輪を出したことで一時物議を醸しました。

浅丘ルリ子 14歳

1956年2月、映画『愛情』の軽井沢ロケでキスシーンがあることを知らされ、公私共に初めてであることから大変動揺してしまいました・・・

しかし父より「どんな役でも立派にやり遂げなければ一人前の女優になれない!」と諭されてやり遂げました!

浅丘ルリ子さんの若い頃、小林旭さんと交際するが・・・

当時の小林旭さんは石原裕次郎さんと並ぶ日活のトップスター。

浅丘ルリ子さんは2歳年下で映画では小林さんの相手役。

いわば共演がきっかけの「職場恋愛」だったが、結婚には至りませんでした。

浅丘ルリ子さんは小林旭さんを『運命の人』というくらい愛していました。

「2人は1年のうちほとんどの時間を一緒に過ごしていた」といいます。

どうも、浅丘ルリ子さんの父親が小林旭さんとの結婚に乗り気ではなかったようです。

小林旭さんはのちにこのように語っています。

「俺の自宅にルリ子の両親を招待して酒を飲んだんだけど、どういう具合か酔っ払ううちにルリ子のお父さんに『どこの馬の骨かわからんやつに、娘を嫁にやれるか!』と言われてしまった」
「ルリ子の両親とはそれ以前から顔は合わせていたけれど、それにしても『馬の骨』とまで言われなきゃいけないような仕打ちを、俺はこの人たちにしたか? そう思ったらルリ子との間に隙間ができていってしまった」

1961年8月に当時交際していた小林旭さんと別れてからはショックでふさぎ込んでいましたが、石原裕次郎さんの助けもあり立ち直ることができました。

1964年には石原裕次郎さんとの楽曲「夕陽の丘」でレコードデビューしました。

浅丘ルリ子さんの若い頃、「渡り鳥シリーズ」で小林旭さんと共演

浅丘ルリ子さんの若い頃、石原裕次郎さんとの共演も話題に!

浅丘ルリ子・岡田真澄・芦川いづみ・石原裕次郎

左から、浅丘ルリ子・岡田真澄・芦川いづみ・石原裕次郎

浅丘ルリ子、石原裕次郎、芦川いずみ

浅丘ルリ子、石原裕次郎、芦川いずみ

浅丘ルリ子さんの若い頃、「愛の化石」が大ヒット

女優としてだけでなく、映画の主題歌を中心として歌手としても活動、多くの曲を発表しました。

その中でも、「愛の化石」がヒットしました。

浅丘ルリ子さんの若い頃、「男はつらいよシリーズ」のリリーが当たり役に

映画『男はつらいよシリーズ』で演じたクラブ歌手の「リリー」の役が大好評となりました。

マドンナとしてシリーズ最多の4回の出演を数え、

渥美清さんの最後の作品となった『男はつらいよ 寅次郎紅の花』でもマドンナ役を務めました。

この撮影現場で具合の悪そうな主演の渥美清さんの姿を見て、

「もしかしたらこれが最後の作品になるかもしれない」と思ったといいます。

そのため、監督の山田洋次に

「最後の作品になるかもしれないから、寅さんとリリーを結婚させてほしい」

と何度も懇願するが山田監督は50作まで製作したかったらしく、既に49作の制作が決定していたために浅丘ルリ子さんの願いは叶えられず、渥美清さんは映画公開後9か月後にこの世を去り、『紅の花』が渥美最後の作品になってしまいました。

 浅丘ルリ子さんの若い頃、まとめ

現在は、「やすらぎの刻〜道(2019年 – 2020年、テレビ朝日)」でもお嬢役を 務めています。元夫の石坂浩二さんとの共演も話題になっています。

石坂浩二さんの若い頃がイケメンすぎるのを確認できた!
石坂浩二さんは、様々なドラマ・映画に出演されて、70代のいまなお元気に活動されています。知的なイメージの強い石坂浩二さんですが、若い頃はイケメンだったというウワサなので、皆さんのツイッターなども参考にしながら調べてみました

これまでに150本以上の映画に出演されていますので、とても全部は確認できませんが、皆さんのお気に入りの映画が必ずあると思います。

演技力・歌唱力を兼ね備えた大女優ですね。

浅丘ルリ子

コメント