石坂浩二さんの若い頃がイケメンすぎるのを確認できた!

石坂浩二
スポンサーリンク

石坂浩二さんは、様々なドラマ・映画に出演されて、70代のいまなお元気に活動されています。

知的なイメージの強い石坂浩二さんですが、若い頃はイケメンだったというウワサなので、皆さんのツイッターなども参考にしながら調べてみました

スポンサーリンク

石坂浩二さんのプロフィール

  • 本名 武藤 兵吉(むとう へいきち)
  • 生年月日 1941年6月20日(78歳)
  • 出生地 東京府東京市京橋区(現:東京都中央区)
  • 身長 177 cm
  • 体重 65㎏
  • 血液型 O型
  • 田園調布小学校
  • 慶應義塾普通部
  • 慶應義塾高等学校
  • 慶應義塾大学法学部法律学科卒業

少年時代からテレビドラマに出演

石坂浩二さんは、東京・銀座で生まれ、実家は日本橋でした。

少年時代から、芝居に興味があった石坂浩二さんは、慶応中学校に自ら演劇部を立ち上げ活動していました。

高校時代の1958年、ドラマ『お源のたましい』に通行人のエキストラでデビュー。ギャラは400円だったとのこと。

高校から大学にかけての時代は、役者だけでなく、ナレーションやラジオの脚本なども手掛けていました。

石坂浩二 若い頃
出典元:ginzamag.com

慶応大学では、新劇研究会に所属。そのつてで、1962年、昭和37年に「黒蜥蜴(くろとかげ)」に出演します。

黒蜥蜴(くろとかげ)」は江戸川乱歩の小説で、この戯曲版は三島由紀夫さんが製作されたものです。

この劇に出演していた、大空真弓さんと知り合い、TBSの伝説的なプロデューサー石井ふく子さんと出会いテレビの世界にはいっていきます・・・

石坂浩二さんの若い頃、「潮騒」で加賀まりこさんと共演

加賀まりこさんと石坂浩二さんの出会いは?
加賀まりこさんと石坂浩二さんは倉本聰さん脚本の「やすらぎの刻」で、共演していますが、若いころ出会いがあったという話です。今回二人の関係を確かめてみました。

石坂浩二さんの芸名の由来は・・・

石坂浩二さんは「武藤兵吉」の本名で芝居をやっていましたが、陸軍の兵隊のようだと不評でした。

TBSのテレビプロデューサー石井ふく子さんから改名を勧められました。

“石”のつく芸名(石井ふく子の“石”を採ったとも言われている)ということと、大空真弓さんの父親が姓名判断をしていたこともあり「石坂浩二」に決まりました。

一説では、大空真弓さんが自分の好きな作家・石坂洋次郎と俳優・鶴田浩二からそれぞれ拝借して名づけたという説もあります・・・

石坂浩二 若い頃

26歳の石坂浩二さん

出典元:ginzamag.com

石坂浩二さん、俳優として大活躍!

1969年の松竹映画『日も月も』、1970年の『風の慕情』で主演をはたしています。

1965年の『太閤記』で石田三成を演じ、初めて役付きの出演をはたします。

1975年の『元禄太平記』でも再び主演をし、柳沢吉保を演じました。

1979年の『草燃える』では源頼朝を演じ、北条政子を演じた岩下志麻とともに主演をする。本作で主演をつとめたことにより、計3作品で主演をつとめたことになり、西田敏行とともに大河ドラマ主演回数は史上最多。

岩下志麻さんの若い頃の美しい写真に驚愕しました!野際陽子さんにそっくり?も確認!
岩下志麻さんは78歳になった今も、化粧品のCMに出演するなど美しさを保っています。若い頃からの美しさを再確認するためにふりかえってみます。また、いつまでも若さを保つ秘訣も調べてみました。

1983年の『徳川家康』では、架空の人物で有力な郷士の竹之内波太郎(後の堺の豪商・納屋蕉庵)役で出演。

1999年の『元禄繚乱』には、吉良上野介で出演し、憎めない新たな吉良上野介像を演じた。石坂浩二さんは役作りについて自分なりに調べて演技をしたそうです。

2004年の『新選組!』には、幕末、維新の重要人物の佐久間象山役で出演。

石坂浩二さん 犬神家の一族
出典元:産経ニュース

映画では1976年、横溝正史原作・市川崑監督による映画『犬神家の一族』に金田一耕助役で主演。

同年の邦画配給収入2位(13億200万円)のヒットとなり、当たり役となりました。ぼさぼさ頭の探偵役が新鮮でした・・・

石坂浩二 犬神家の一族

市川崑監督と石坂浩二さん

出典元:産経ニュース

石坂浩二さん、浅丘ルリ子さんと結婚したが・・・

私生活ではドラマで共演した、加賀まりこさんと同棲生活。

その後、1971年に浅丘ルリ子さんと結婚するしましたが、ほどなくして別居してしまいます。

2000年12月、女優である浅丘ルリ子さんに実母の介護をさせるわけにはいかないとして離婚。

離婚から間もない2001年1月に一般女性と再婚しています。

石坂浩二さんの若い頃、まとめ

石坂浩二さんの活躍をみてきました。俳優として様々な役を演じていても、独特の存在感がありますね。若い頃からイケメンですが、知性を兼ね備えた俳優だったことがわかります。

石坂浩二
出典元:産経ニュース

70代になった今も「やすらぎの刻」では元気な演技をしておられるので、今後の活躍にも期待したいですね。

コメント