加賀まりこさんと石坂浩二さんの出会いは?

石坂浩二さん加賀まりこさん
スポンサーリンク

加賀まりこさんと石坂浩二さんは倉本聰さん脚本の「やすらぎの刻」で、共演していますが、若いころ出会いがあったという話です。今回二人の関係を確かめてみました。

スポンサーリンク

加賀まりこさんプロフィール

加賀まりこ

  • 本名 加賀 雅子(かが まさこ)
  • 生年月日 1943年12月11日(76歳)
  • 出生地 東京都神田区小川町(現千代田区神田小川町)
  • 出身地 東京都新宿区神楽坂
  • 一橋中学
  • 明星学園高等学校
  • 身長 156cm
  • 血液型 O型

生い立ち

東京都神田区小川町(現:千代田区神田小川町)に生まれました。

祖父の加賀卯之吉は、ジャーナリストで衆議院議員でした。立身出世の人物で自ら新聞社を創設されたそうです。

加賀卯之吉

祖父の加賀卯之吉

父・加賀四郎は加賀卯之吉の庶子として生まれました。映画会社大映のプロデューサーとして知られています。

加賀四郎氏

父親の加賀四郎氏

加賀まりこさんは、小学生の時分より隣町である神田神保町の古本街に通い、澁澤龍彦翻訳の「マルキ・ド・サド選集」を愛読。

小さい時から思ったことは何でも口にする歯に衣きせぬ毒舌だったといいます。

また映画で見た、オードリー・ヘプバーンの髪型にするため1人で美容院に行くほどの早熟な子供でした。

中学校時代には陸上競技を行っており、2年時には走幅跳で都大会で優勝している。高校生になると行動範囲は広がり、六本木や麻布界隈で飯倉の高級イタリアレストラン「キャンティ」に学生服のまま通っていた。キャンティでは安井かずみ、コシノジュンコらと親しくなった。また、キャンティのママの自立した生き方に強い憧れを抱いていたという。

キャンティ創業者の川添浩史の息子で、風吹ジュンさんの元夫の川添象郎さんの記事はコチラ

風吹ジュンさんの元旦那・川添象郎さんの現在は?荻野目慶子との不倫も・・・
川添象郎さんは、日本の音楽プロデューサー。YMOや荒井由実(松任谷由実)などビッグアーティストのプロデュースで有名です。最近も青山テルマの「そばにいるね」をプロデュース、健在ぶりを示しました。また風吹ジュンさんの元夫としても知られています・・・が!風吹ジュンさん含めこれまでに5回の結婚歴があり、また逮捕歴もあるということで、いったいどんな人物なのか・・・調べてみました。

芸能界デビュー

千代田区の一橋中学を経て明星学園高等学校に入学。

同校在学中の1960年、通学姿を見初めた篠田正浩と寺山修司に路上でスカウトされました。

フジテレビ系ドラマ『東京タワーは知っている』でデビュー。

芸名は秋山庄太郎に付けてもらった。「加賀だったら、『まりこ』が明るくていいじゃないか」とのことだった。

加賀まりこさんと石坂浩二さんとの出会い

石坂浩二さんと加賀まりこさんは1962年TBSドラマ「潮騒」で初共演しています。

1962年時点では、石坂浩二さん21歳、加賀まりこさん19歳でした・・・

石坂浩二さんとは1967年の劇団四季の『泥棒たちの舞踏会』での共演で深い仲になったといわれています。

加賀まりこさんは、好きになった相手には自分からアタックするタイプでしたが、石坂浩二さんとは逆の立場で、猛烈にアタックされたそうです。

石坂浩二さんは加賀まりこさんに会うたびにバラの花を贈っていたといいます。

石坂浩二さんと加賀まりこさん

石坂浩二さんと加賀まりこさん

出典元:安井.net

一時は結婚寸前とまで騒がれましたが・・・

お互いの仕事が忙しくなり関係は自然消滅したとのことです。

加賀まりこさん、20歳で休業!単身パリへ

加賀まりこさんは20歳の時、仕事を休業し半年間フランスへ・・・パリでは、イブサンローラン、フランソワ・トリュフォー、ジャン・ゴダール、フランソワーズ・サガンらと交流しました。

加賀まりこさんは帰国後、劇団四季の舞台『オンディーヌ』に出演。大人気となり、本格的に女優の道に進むことになります。

この舞台は連日大入りの大盛況となります。この舞台では石坂浩二さんも共演されていたようです。

石坂浩二さんは浅丘ルリ子さんと結婚!

1971年、石坂浩二さんは浅丘ルリ子さんと結婚します。

浅丘ルリ子さんは、加賀まりこさんが石坂浩二さんに紹介したというウワサですが、どうなっていたのでしょうね?

一説では、「ルリ子ちゃん石坂ちゃんが大ファンだって、一度デートしたいっていってるからって」と話したともいわれていますが、真実はどうだったのでしょうか?

石坂浩二 浅丘ルリ子

その後、石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんは2000年に離婚することになります。

加賀まりこさん、女児を出産するが・・・

1972年、加賀まりこさんは未婚のまま女児(父親は非公表)を妊娠、シングルマザーとして育児をする決意しますが、1972年2月14日、帝王切開で産まれた赤ちゃんは1200㌘の超未熟児。わずか生後7時間半で死亡した・・・

加賀まりこさんもこの時、危篤状態だったとのことです。

「やすらぎの刻」で3人が共演

1971年、石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんの結婚。1972年、加賀まりこさんの出産と不幸。

・・・から50年近くの時が流れ、3人はドラマで共演することになります。

倉本聰さんの脚本のドラマ「やすらぎの刻」では、

石坂浩二さんは、シナリオライターの菊村栄役

国民的ドラマを何本も生み出したシナリオライター。あるきっかけから、どこにも発表する当てのない新たなシナリオ『道』を書きはじめる。

浅丘ルリ子さんは女優の「白川冴子」役

往年の大女優。愛称、“お嬢”。10代で芸能界に入ったため世間の常識には疎いが、生来のカンの鋭さで度々、栄を驚かせる。

水谷マヤ………加賀まりこさんは女優の「水谷マヤ」役

16歳でデビュー、数々の作品で活躍してきた大女優。若い頃、贅沢をしてきたため何もない暮らしを好み、生活の無駄はすべて捨てるという思想に凝っている。

このドラマは、役を演じていながら、これまでの経歴や性格などと微妙にシンクロさせているところに多くの人が共感をしているのではないでしょうか?

これからの展開もとても気になります!

石坂浩二さんの若い頃がイケメンすぎるのを確認できた!
石坂浩二さんは、様々なドラマ・映画に出演されて、70代のいまなお元気に活動されています。知的なイメージの強い石坂浩二さんですが、若い頃はイケメンだったというウワサなので、皆さんのツイッターなども参考にしながら調べてみました

コメント