1960年代生まれ

吉川晃司の若い頃のかっこよすぎる画像を再発見しました

朝ドラ「舞いあがれ!」では、航空学校の教師役で活躍されている吉川晃司さん、若い頃の鮮烈なデビュー当時からのかっこよすぎる画像を再発見しました。

吉川晃司さんのプロフィール

  • 生まれ:1965年8月18日
  • 出身地:広島県安芸郡府中町
  • 府中町立府中小学校
  • 修道中学
  • 修道高等学校中退
  • 身長 182cm
  • 血液型 B型

吉川晃司さんは広島県生まれだった

吉川さんの元の実家は原爆投下まで、現在の広島市中心部で料亭“”吉川旅館”を営んでいました。

戦況の悪化に伴い、原爆投下1か月前に疎開し難を逃れました。

しかし吉川さんの父親は入市したため「入市被爆」が認められ吉川さん自身も被爆二世に当たります。

父は若い頃、京都太秦で大部屋俳優をしていたことがあり、家業を継ぐため俳優を諦め板前になったそうです。

すず
すず
お父さんも芸能関係の仕事をしていたのね

幼少期の吉川さんは千葉真一と倉田保昭の大ファンで、彼らの活躍に憧れを抱いていました。

父はビートルズしか聴かない人で、ステレオの前に座らされてビートルズばかり聴かされていたそうです。

制服の袖の部分に1本の白線があり、それがカッコよかったから

広島では有名な進学校である修道中学校を受験

合格したものの授業についていけず、いきなり落ちこぼれたそうです。

水球の日本代表として活躍

それまでサッカーをやっていましたが、広島の夏が暑くて水にでも入れば涼しいかなと思ってプールに漬かっていたら

高校生の主将がちょうど来て、

『お前、何しとんじゃ!』『今日から水泳部!』

と強制的に競泳と一緒の水泳部に入れられてしまい、中学校の時から水球の選手となり、

修道高校時代には一年時に世界ジュニア水球選手権大会の日本代表

2年連続全日本高校最優秀選手に選ばれ、最年少日本代表としてイタリア・エジプト遠征にも参加しました。

学生時代からバンド活動開始

同じ水泳部だった酒井麿に誘われ、ロックバンド(EIGHT CITY’S FISH BAND 通称:はまちバンド)に加入。

男女混合7人(男子5人、女子2人)のバンド形態で、吉川さんの担当はサイドギターとボーカルでした。

地元を中心に自主コンサートを行い、コンテストにも出場

吉川さんの歌唱力、ルックス、パフォーマンスは求心力があり、郵便貯金ホールや広島見真講堂で行うライブはアマチュアバンドながらいつも大盛況でした。

高校2年生の時に佐野元春のコンサートを見てカルチャーショックを受け、大学進学を取り止めて音楽一本に絞って勝負する決意を固めました。

音楽の世界でビッグスターになる

とその後のサクセスストーリーを考え、

「まずはスカウトされること」と考えたが、地元で人気バンドだったとはいえ、そうそうスカウトされるはずも無く・・・

シビれを切らして自ら渡辺プロダクションに

「広島にスゴい奴がいる、見に来ないと一生悔いを残す」

と手紙を書いて送りつけました。

渡辺プロの関係者が、高松の松本明子を見に行った帰りに、本当に会いに来て、その後の数度のオーディションを経て、プロダクションと正式に契約を交しました。

しかし、教師や両親は芸能界入りに猛反対。

特に父親からは

「芸能界ってのは猿まわしだ。お前は東京で猿になるのか」

と言われましたが、

「いつか自分で動いてやる」と決意を表明して説き伏せ

事務所側はデビューは高校を卒業してからと考えていたが、

吉川さん本人が「今すぐにでも」と強い意志を示したので、高校3年に進級する直前に中退して上京することに。

歌と映画で鮮烈デビュー

勢い勇んで上京したものの、スクールメイツと歌やダンスを練習する日々が続いていた。

なかなかデビューできずにいた吉川さんは社長に直談判

渡辺晋社長に気に入られ、デビューすることになりました。

『すかんぴんウォーク』で鮮烈デビュー

すかんぴんウォーク

デビュー直後の吉川晃司と大森一樹監督が組んだ、青春映画シリーズ第1弾。映画初出演の吉川晃司が自身と重なる新進スターを好演する傍ら、夢に破れる若者らの挫折も心に響く逸品。演劇界を志して広島から東京に家出してきた高3の裕司(吉川)は、アルバイト先の同僚でロッカーを目指す吉夫(山田)と意気投合。ひょんなことから歌手としてスター街道を上り始める裕司だが、一向に芽の出ぬ吉夫は、裕司との暴露話をネタに毒舌タレントの道を進む。

 

「すかんぴんウォーク」がPrime Videoチャンネルの日本映画NETの無料体験で¥0

大森一樹監督で吉川晃司さん主演の映画『すかんぴんウォーク』は、吉川晃司さんの成功ストーリーとリンクさせながら、広島から海を渡って来た少年が六本木の裏町あたりで苦労を重ねた後、スターへの第一歩を踏み出すという物語となっていました。

大森監督と吉川晃司さん大森監督と吉川晃司さん

デビュー曲「モニカ」が大ヒット!

当時の音楽番組では、吉川晃司さんのバク転やキックなど激しいアクションも話題になりました。

大森一樹監督とのタッグで『ユー・ガッタ・チャンス』(1985年)『テイク・イット・イージー』(1986年)と吉川さんを主人公に続編が作られました。

ユーガッタチャンス

吉川晃司が自身を投影する“民川裕司”役を通し飛躍した、シリーズ第2作。大森一樹監督が吉川の魅力を引き出しつつ、原田芳雄演じる破天荒な監督に映画への情熱を託す、遊び心溢れる1作。デビュー1年、人気絶頂の中で虚無を覚える裕司(吉川)は、神戸公演前日、以前CMで組んだ映画畑の合田(原田)を訪ね鎌倉に向かうが、同じく彼を捜すニューヨーク帰りの夕子(浅野)と、多額の借金を抱える合田の足跡をたどるうち、マスコミに追い回されることに。

ユー★ガッタ★チャンス」がPrime Videoチャンネルの日本映画NETの無料体験で¥0

teke it easy

吉川晃司が自身を投影する“民川裕司”役を演じた、シリーズ第3作。ジャパンツアーを大成功に納め、ニューヨーク公演に向けて始動していた裕司。しかし公演中止という突然の知らせに、裕司はあらためて自分の小ささと世界のデカさを思い知らされる。サイドカーを駆って北海道を旅する裕司は、ある町で、牧場で働きながら世界タイトルを目指すボクサー・仲根六郎(上杉祥三)と、天才ピアニスト・氷室麻弓(名取裕子)に出逢う。麻弓目当てにこの町にとどまる決心をした裕司であったが、よそ者に対する麻弓や仲間の反発は大きく…。

 

「テイク・イット・イージー」がPrime Videoチャンネルの日本映画NETの無料体験で¥0

大沢誉志幸作曲の「ラ・ヴィアンローズ」はオリコン4位の大ヒットとなりました。

おじいちゃん
おじいちゃん
当時はチェッカーズのフミヤと人気を二分していたのじゃ

布袋寅泰さんとのユニット、「COMPLEX」が大人気に!

2人は、布袋寅泰さんの所属していたBOØWYのアルバムに吉川さんが参加

また吉川のアルバムにギタリストとして布袋が参加するなど結成以前から交流があったことから1988年、ロックユニットを結成

COMPLEX COMPLEX

吉川さんのボーカルと、布袋さんのギタリストのコンビの楽曲は大人気となり、活動時に発売された作品はすべてオリコンチャートで1位を獲得しました。

しかし、1990年にはそれぞれの音楽性の違いから活動を休止。

2011年、東日本大震災のチャリティーライブで「COMPLEX」が復活!

チャリティーライブ「日本一心」を開催し、のべ10万人を動員。翌日に追加公演が行なわれました。

2013年8月6日、広島出身の縁からMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で始球式を行い、111km/hの速球を投げ込み球場を沸かせました。

また、被爆二世であることもあり、5回裏終了時に、「イマジン」の和訳バージョンを独唱し、核兵器廃絶を訴えました。

すず
すず
日本語訳は清志郎さんね

吉川晃司さんの若い頃、まとめ

50代となった吉川晃司さんですが、今現在も俳優と音楽活動を精力的にされています。
「COMPLEX」もまた見てみたいですね。