1930年代生まれ

大村崑さんの現在は、今でも大相撲観戦?健康の秘訣はライザップ

大村崑

喜劇役者としてよく知られた大村崑さんですが、現在はどうされているのでしょうか?
高齢のためか、死亡説もありましたが、まだお元気にされているようです。
いろいろなエピソードをまとめてみました。

大村崑さんのプロフィール 年齢は?

 

・本名:岡村 睦治(おかむら むつじ)
・生年月日:1931年11月1日
・年齢:88歳
・出身地:兵庫県神戸市長田区東尻池町
・血液型:O型
・身長:162cm

 

 

大村崑さんのご家族は

 

妻:瑤子(ようこ)関西を中心にカンツォーネ歌手・岡村瑤子として活動しています

 

長男:純治(ブルースリーコレクターとして有名)

大村崑 長男大村崑 長男 純治さん

次男:政治(映像クリエーターとして活動中)

 

死亡説はウソ。大村崑さんの現在は?

 

大村崑さんはご存命で、現在も俳優として活躍されています。

 

最新の出演作は2018年に放送された大河ドラマ『西郷どん』で西郷隆盛の祖父の西郷龍右衛門役を演じられました。

 

大村崑西郷龍右衛門役の大村崑さん

貫禄がありますね

 

撮影中はハンドスピナーを気に入って遊んでいたそうです。

 

もともとは大久保役の瑛太さんがもってきたものですが、
大村崑さんもその後、ハンドスピナーの一番高いものを購入したそうです。

 

大村崑さんの大相撲観戦は元気の秘訣?

 

大村崑さんといえば、相撲を観戦している姿がテレビに映ることで有名です。

 

実は、そこにはこだわりがあるそうで、

観戦時には必ず前から3列目までの席を取って、敢えてテレビ中継に映っているそうです。

 

大村崑 相撲観戦

 

さらに、観戦時にのファッションについてもこだわりがあり、

 

「原色シャツに白ズボンで大村崑、ここにありをアピール」するそうです。

 

テレビに映ることが元気の源というのはホントのようです。

 

大村崑さんといえばオロナミンC

 

今でも地方に行くと残っている、大村崑さんのオロナミンCドリンクのホーロー看板。
なつかしいです。

 

大村崑 ホーロー看板

 

当たり役のオロナミンCのCMを、大村崑さんは最初は断ったそうです。

 

「いくらで売るんですか」「120円」「売れません。コーラでも60円。大阪人はしぶちん。夏の暑いときは半分を飲んであとは冷蔵庫にしまって夜にまた飲む。こんな小さかったら2回に分けられない。そやのに120円。だれが飲みますかいな。帰っておくんなはれ」ってお断りしたんです。

 

発売当初の120円は、今でいえば300円から400円くらいでしょうか?
しかもあの小さいビンですから、売れないと思ったのも当然でしょう。

 

その時は宣伝部長さんで、ほんなら次に専務か常務かが来ましたけど僕は「やらんと決めたらやりません」とお引き取り願いました。次に副社長が来てね。テーブルをたたいて「おまえは大塚なめとるんか」「なめてません」「『とんま天狗』を一社提供でどこの馬の骨かわからんやつを主演にしてやったのに、その恩を感じんとアタマから断るとはどういうことや。大塚は社運をかけてやってる。バチ当たるぞ」と。

 

しぶしぶ、CMを引き受けたそうですが・・・
撮影は大変だったそうです。

 

一日にオロナミンCを50、60本飲むんです。どうなるかというとね。撮影が終わってホテルにもどってバスタブにつかったらぶおーんて腹が浮くねん。ガスで。こないにふくらんだ(おなかから10センチほど手を離して)。ベルトも何も入らん。

 

なつかしいCMはこちら。さすがに大村崑さん、まだ若いですね。

 

発売当初から約10年間、オロナミンCのCMに出られたそうです。

 

 

このCMで人気者になりました。
現在でも、オロナミンCには感謝しているようです。

 

大村崑 オロナミンC

 

大村崑さんと赤い霊柩車シリーズ

 

数々のテレビドラマに出演されている、大村崑さんですが、山村美紗さん原作、片平なぎささん主演の赤い霊柩車シリーズが有名ですね。

 

これは1992年(平成4年)に出演されていたころの大村崑さんです。

赤い霊柩車1992年

そして、2018年の新作にも出演されています。

赤い霊柩車2018年

 

大村崑さんの現在、健康の秘訣はライザップ

 

88歳の大村崑さんはライザップで健康維持をされているようです

 

 

 

まだまだ、元気で活躍されていますね。
これからも頑張ってほしいです。