松坂慶子さんの若い頃を昔の画像で振り返ります!

松坂慶子
スポンサーさまリンク

これも愛~あれも愛~きっと愛~愛の水中花・・・なつかしいのう。よかったのう・・・

おじいちゃん・・・しっかりしてよ・・・

おお、そうじゃった。今回は松坂慶子さんの若い頃を振り返るんじゃ・・・冷静さを失っておったわ

スポンサーさまリンク

松坂慶子さんのプロフィール

  • 本名 高内 慶子(たかうち けいこ)
  • 生年月日 1952年7月20日(67歳)
  • 出生地 東京都大田区
  • 身長 162cm
  • 血液型 A型
  • 中野区立第三中学校
  • 日本大学第二高校

松坂慶子さんの若い頃、日本人の母親と韓国人の父親のもとに生まれた

父親は韓国人で1938年(昭和13年)に日本へ仕事を求めて渡ってきました。松坂慶子さんの母親となる女性と仕事場で出会いました。

母親は幼少の頃に身売りされた過去が・・・

身寄りのなかった松坂慶子さんの両親は同棲するようになります。

そして太平洋戦争が終わり、戦後には神奈川県藤沢市に転居し、父親は複数の事業を始めて成功していました。

1952年に生まれた松坂慶子さんに、母親は「イングリッド・バーグマンのような綺麗な女性になってほしい」と願い、いくつもの習い事をかけもちさせました。

松坂慶子さんが小学2年の1960年(昭和35年)には「くるみ児童合唱団」に入団。

中野区立第三中学では演劇部に所属。中学3年の1967年(昭和42年)「劇団ひまわり」に入団します。

松坂慶子さんの若い頃、15歳の時テレビ初出演

1967年(昭和42年)には幼児向けコメディ『忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ』(NET)でテレビ初出演します。15歳の時ですね。

松坂慶子15歳

松坂慶子15歳

松坂慶子15歳

松坂慶子15歳

日本大学第二高校に進学。高校2年の1969年(昭和44年)大映からスカウトされます。

松坂慶子さんの若い頃、19歳で映画初主演

1971年(昭和46年)、映画『夜の診察室』で映画初主演をはたします。

ちょっといやらしい、お色気映画みたいですね・・・

この年は、「奥様は18歳」にも出演しています。まだそれほど人気女優というわけではないのでちょい役での出演でした。

松坂慶子さんの若い頃、1973年NHK大河ドラマ『国盗り物語』濃姫役で大ブレイク!

1973年NHK大河ドラマ『国盗り物語』で濃姫を演じて一気に有名女優の仲間入りをします。

織田信長を高橋英樹さん、松坂慶子さんが濃姫、近藤正臣さんが明智光秀という豪華な俳優陣でした。

1975年(昭和50年)、時代劇『江戸を斬る』に出演。お姫様役ながら、紫頭巾で主役の西郷輝彦さんを助けていました・・・

お姫様役で人気となった松坂慶子さんですが・・・お色気路線で清純派から脱皮していきます・・・

松坂慶子さんの若い頃、ドラマ『水中花』でお色気爆発、主題歌「愛の水中花」も大ヒット!

松坂慶子 愛の水中花
出典元:アメーバブログ

松坂慶子 ドレス
出典元:アメーバブログ

松坂慶子 青春の門

青春の門の松坂慶子さん

出典元:アメーバブログ

松坂慶子
出典元:アメーバブログ

松坂慶子さんの若い頃、ジャズギタリストの高内春彦さんと結婚

松坂慶子さん38歳の時、1990年(平成2年)ジャズギタリストの高内春彦さん(ハル高内)と結婚されます。大女優と無名のミュージシャンとの結婚は世間の話題となりました。

ご主人の 高内春彦さんは、実力派ジャズギタリストとして現在も活躍されております。

松山容子さんで有名ですが、ボンカレーのパッケージにもなりました。

松坂慶子

松坂慶子
出典元:アメーバブログ

松坂慶子さんの若い頃を昔の画像で振り返ります!のまとめ

現在はいいおかあさん役が多い松坂慶子さんですが若い頃の色っぽい画像・写真・映像には魅了されます。まだまだ、活躍してほしい女優さんですね。

 

1950年代生まれ
スポンサーさまリンク
スポンサーさまリンク
hironobuをフォローする
スポンサーさまリンク
思い出の芸能人

コメント