高倉健さんの若い頃のエピソードを画像で紹介します

高倉健さん
スポンサーリンク

日本が世界に誇る映画スター、高倉健さんの若い頃から全盛期の活躍を画像で振り返ります。エピソードもご紹介します。任侠映画で大スターとなりましたが、その後さまざまな役を演じていきました。

高倉健さんの妻であった江利チエミさんについては、別の記事で書いていますので参考にしてください。

江利チエミさん 高倉健さんとの離婚の理由は?死因は脳卒中?
美空ひばり・雪村いずみとの3人娘で活躍した江利チエミさんは、高倉健さんと結婚していましたが、後に離婚されました。高倉健さんとの離婚の理由は複雑なものがあったようです。また、早くして亡くなっていますので死因についても調べてみました。
スポンサーリンク

デビュー前の高倉健さん

1931年、福岡県中間市の裕福な家庭に生まれました。

母親と高倉健さん

出典先:http://hayarinikki.blog.so-net.ne.jp

父親は旧海軍の軍人で、炭鉱夫のまとめ役をしていたようです。
炭鉱町で乱暴な土地柄で殺人もよくあったとのことで、やくざ映画の役作りにも生まれ育った土地柄、気風が影響していると話しています。

小田敏郎さんの膝に乗る幼き日の高倉健さん

小田敏郎さんの膝に乗る幼き日の高倉健さん

出典先:http://image.topicks.jp

先祖は鎌倉時代の執権北条家一門である名越氏の北条篤時。子孫が西国に移り大内氏に仕えた後、北条の名を捨て『小松屋』の屋号で両替商を営み、後に黒田官兵衛を藩祖とする筑前国藩主・黒田家から名字帯刀を許されて小田姓を名乗ったそうです。(本名は小田剛一)

母親は教員でした。幼少期の高倉健さんは肺が悪く虚弱だったが、中学時代からボクシングに興味を持ち6勝1敗の成績でした

英語にも興味をもち、高校時代はESSを創設。

福岡県立東筑高等学校から、明治大学商学部に進学。貿易商を目指していました。学業も優秀だったようですね。

明治大学卒業後、九州に帰って父親の仕事を手伝いますが、「このまま埋もれてしまうのもいやだ」と思い、上京しました。

スカウトされて東映ニューフェイス第2期生として東映へ入社。俳優志望ではなかったものの、採用されてからすぐに主演デビューが決まっていく。

デビュー当時の高倉健さん

プロフィール

  • 本名:小田 剛一(おだ ごういち)
  • 生年月日:1931年(昭和6年)2月16日
  • 没年月日:2014年(平成26年)11月10日(83歳没)
  • 出生地:福岡県中間市
  • 身長:180㎝
  • 血液型:B型
  • 配偶者:江利チエミ(1959年(昭和34年)~1971年(昭和46年))

高倉健さんのデビュー作は1956年(昭和31年)東映「電光空手打ち」

デビュー作で、いきなり主役に抜擢されました。

高倉健、共演の浦里はる美さん

高倉健さん、共演の浦里はる美さんとのスナップ

デビュー作公開初日、封切館で挨拶する健さんと浦里はる美さん

デビュー作公開初日、封切館で挨拶する健さんと浦里はる美さん

『電光空手打ち』(昭和31年)の撮影の合間のスナップ

『電光空手打ち』(昭和31年)の撮影の合間のスナップ

その後、アクション・喜劇・刑事・ギャング・青春もの・戦争・文芸作品・ミステリなど、幅広く現代劇映画に主演・助演していきますが、期待されたほどのヒットとはなりませんでした。

任侠映画で新境地を開く

1963年「人生劇場 飛車角」で高倉健さんは準主役に抜擢され、任侠映画のスターとしての足掛かりをつかみました

人生劇場飛車角

1964年(昭和39年)「日本侠客伝」で主演し、やくざ役としてのイメージが定着しました。

高倉健『日本侠客伝 雷門の決斗』より

高倉健『日本侠客伝 雷門の決斗』より

1965年から始まる『網走番外地』に主演し、主題歌の「網走番外地」がヒットしました。

『昭和残侠伝シリーズ』などに主演し東映の看板スターとなります。
主題歌、「唐獅子牡丹」も大ヒットしました。

昭和残侠伝

任侠映画で大スターとなりましたが、その後さまざまなジャンルの映画に出演していきます。

任侠映画からのステップアップ

任侠映画のスターから、様々な役に挑戦することで演技の幅が広がっていきました。その第一弾が1975年(昭和50年)「新幹線大爆破」でした。

新幹線大爆破

高倉健さんは主役で犯人役の、沖田哲男を演じ、これまでとは大きく異なる役柄を演じました。

新幹線大爆破
従来のイメージを一新する作品となり、ヨーロッパでも大ヒットしました。

その後、東映を退社後、1976年(昭和51年)「君よ憤怒の河を渉れ」で、主役の東京地方検察庁刑事部検事・杜丘冬人を演じました。

君yo憤怒の河を渉れ

君よ憤怒の河を渉れ

1977年には「八甲田山」「幸福の黄色いハンカチ」とヒット作に出演しています。

幸福の黄色いハンカチ

幸福の黄色いハンカチ

この作品で第1回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞と、第20回ブルーリボン賞の主演男優賞のダブル受賞に輝きました。

この後も様々な役柄を演じていくことになります。

コメント