1940年代生まれ

富司純子(藤 純子)さんの若い頃『緋牡丹博徒のお竜』の色気がスゴすぎた

富司純子

数多くの任侠映画で、鶴田浩二さんや高倉健さんの相手役を務め、東映を代表する美人女優として人気を博した、富司純子(ふじ すみこ)さん。

今回は、そんな富司さんの若い頃の大活躍を振り返ってみます。

富司純子さんのプロフィール

  • 本名:寺嶋 純子 (てらしま じゅんこ)
  • 生年月日:1945年12月1日
  • 出生地:和歌山県御坊市
  • 出身地:大阪府大阪市東成区
  • 大阪市立中道小学校
  • 大阪市立本庄中学校卒業
  • 四條畷学園高等学校
  • 京都女子高等学校
  • 配偶者:七代目尾上菊五郎
  • 長女:寺島しのぶ
  • 長男:五代目尾上菊之助
  • 血液型:O型

 

富司純子さんは、疎開先の御坊市で生まれ、5歳の時に大阪市東成区へ移りました。

父親の俊藤浩滋さんは東映のプロデューサーで、「仁義なき戦い」など多くの任侠映画を企画した人物です。

俊藤浩滋俊藤浩滋さん

父親・俊藤浩滋さんは家にはほとんど帰って来ない人で、富司純子さんは母と祖母に苦労して育てられました。

中学のときに宝塚歌劇のファンになり、中学卒業時に宝塚音楽学校を受験しようと考えて、宝塚コドモアテネに通っていたこともありましたが、父の反対があり受験を断念してしまいます。

1962年(昭和37年)、四條畷学園高等学校2年生のときに、よみうりテレビの歌謡番組『ハイハイ、マヒナです』のカバーガールとして姉・允子と共に出演。これが芸能界デビューになります。

同年、一家で京都へ引っ越し、翌63年、松竹からスカウトされかかったことで、東映京都撮影所のマキノ雅弘監督のもとを訪れて相談したところ、女優になるのなら自分が面倒を見ようと

父親の俊藤浩滋さんは自分の仕事場に娘が出入りされるのが嫌で猛反対しましたが、マキノ監督が「俺が責任を持つから、お前は黙っていろ」と説得しました。

その後すぐに『八州遊侠伝・男の盃』(63)に出演させ、マキノ監督自らの命名で映画女優“藤純子(ふじじゅんこ)”としてデビューを飾ります。

『八州遊侠伝・男の盃』『八州遊侠伝・男の盃』

この後、時代劇から現代劇とさまざまな作品に出演し、東映の人気女優として活躍していきます。

富司純子さん主演の『緋牡丹博徒』シリーズが大ブレイク

1968年、初主演となった山下監督『緋牡丹博徒』に始まる緋牡丹博徒シリーズ全8作(68~72)で演じた、女やくざお竜が当たり役となり、鶴田浩二さん、高倉健さんと並んで東映の屋台骨を支える存在となります。

当時、東映常務だった岡田茂氏は富司純子さんを『緋牡丹博徒』の須臾悪に抜擢した時、父親の俊藤に気づかれないようにこっそり富司純子さんを呼び

「オヤジは照れてよう口説かんだろうけど、片肌脱げるか。そして入墨入れろ」と説得

富司純子さんは「分かりました」と即答しました。

 

緋牡丹博徒

日本刀と背中の刺青「緋牡丹」が売りでとてもキップの良い立ち回りの女やくざお竜を演じ、彼女が片肌脱いだ立ち回りシーンで登場すると映画館の中では拍手喝さいがやみませんでした。

緋牡丹博徒シリーズはAmazon Primeでお得にレンタル可能です。

リンクはこちら⇓

緋牡丹博徒

緋牡丹博徒 一宿一飯

緋牡丹博徒 花札勝負

緋牡丹博徒 二代目襲名

緋牡丹博徒 鉄火場列伝

緋牡丹博徒 お竜参上

緋牡丹博徒 お命戴きます

緋牡丹博徒 仁義通します

まとめて見るなら「東映オンデマンド」がお得ですね

“日本女侠伝”シリーズ全5作(69~71)や、内田吐夢監督『人生劇場・飛車角と吉良常』(68)、中島監督『日本暗殺秘録』(69)、マキノ監督『昭和残侠伝・死んで貰います』(70)など数多くの任侠映画で活躍していましたが・・・

尾上菊五郎さんとの婚約発表で映画界を引退

1971年11月、尾上菊五郎さんとの婚約を発表し、それとともに映画界からの引退を発表。

尾上菊五郎 富司純子 結婚

散ってこそ花。散らない花なんて造花です。

散りたくなくても散らされてしまう花も多いようですが、私は満開のうちに散りたかった

といった名言を残し、銀幕から去っていきました。

尾上菊五郎 富司純子 結婚

1972年には長女の寺島しのぶさんが生まれ

1977年には長男の尾上菊之助さんが生まれています。

 

テレビの司会者として現場復帰

藤純子さんは寺島純子と本名に戻り、フジテレビのワイドショー『3時のあなた』で司会を担当しました。

ミセス 1981年6月号ミセス 1981年6月号

1989年、銀幕に復帰

寺島純子は富司純子(ふじすみこ)と改名し、降旗康男監督『あ・うん』で17年ぶりに銀幕復帰を果たしました。

このとき「白紙の新人女優としてスタートしたい」という思いから「寺島は夫の名字」との意思から芸名を富司 純子(ふじ すみこ)に改めました。

あ・うん 富司純子

高倉健さんの主演映画でもあり、そのヒロインを務めるということでも大きな話題になりました。

あ・うん 富司純子あ・うん 富司純子
created by Rinker
東宝
¥2,202
(2023/01/27 18:46:02時点 Amazon調べ-詳細)
高倉健さん
高倉健さんの若い頃のエピソードを画像で紹介します日本が世界に誇る映画スター、高倉健さんの若い頃から全盛期の活躍を画像で振り返ります。エピソードもご紹介します。 任侠映画で大スター...

 

石田ひかりさん主演の尾道三部作、大林宣彦監督の『ふたり』(91)で主人公少女の母親・治子を熱演。

ふたり 富司純子ふたり 富司純子

『ふたり』はAmazon Primeでお得にレンタルできます⇒コチラ

 

 

娘、寺島しのぶさんと2回の大喧嘩

寺島しのぶさんが女優になるときは何も言わなかった富司純子さんですが、

寺島しのぶさんが28歳のとき、『赤目四十八瀧心中未遂』への出演に猛反対!

背中一面に入れ墨を入れて、濃厚なラブシーンを演じるという脚本を受け入れられず

富司純子さんは「やるなら私は自殺するから」

寺島しのぶさんは「やれないなら自殺するから」と言い張って大バトル。

最後は、父親の「女優なんだからしょうがねぇよ」という一言で了承しました。

2回目は寺島しのぶさんがローランさんと結婚し、総ガラス張りの家を建てようとしたときでした。

外から丸見えでツタを這わすという計画に富司純子さんは猛反対。

寺島しのぶさんも折れることなく平行線になったそうです。

寺島しのぶ
寺島しのぶさんの若い頃、もがいていた20代とその後の大活躍を振り返ります存在感抜群の演技で活躍中の寺島しのぶさんですが、 歌舞伎役者の家に生まれ、20代から女優業を始めたものの、役に恵まれず30代でブレイクしました。 若い頃の寺島しのぶさんの活躍を振り返ります。...

富司純子さんの若い頃、まとめ

今では上品なおばあさん役で存在感ある演技をみせてくれる富司純子さん。

若い頃の美しさは当時の男性たちを虜にして映画も大ヒットしていました。

女優だけでなく、梨園の妻となり、司会業もこなすなどスーパーレディーでしたが、これからもまだまだオーラあふれる演技をみせてくれそうです。