1960年代生まれ

『ちむどんどん』でも活躍の高嶋政伸さんの若い頃、ドラマ『ホテル』で大ブレイク!

高嶋政伸

最近では、悪役やサイコパスの役が多く、すっかり性格俳優となった高嶋政伸さん

若い頃は爽やかキャラで大人気でした。

マジメで飾らない努力家の青年を演じていました。そんな懐かしい高嶋政伸さんの活躍を振り返ります。

高嶋政伸さんのプロフィール

  • 生年月日 :1966年10月27日
  • 出生地 :東京都
  • 身長 :180 cm
  • 血液型 :B型
  • 父親:高島忠夫
  • 母親:寿美花代
  • 兄:高嶋政宏
  • 成城学園中学校高等学校
  • 成城大学文芸学部芸術学科卒業
高島家の家族写真。左から高島忠夫、高嶋政伸、高嶋政宏、寿美花代。高島家の家族写真。左から高島忠夫、高嶋政伸、高嶋政宏、寿美花代。

成城大学では映画監督を目指していました

脚本を書いていて、勉強のために小さな劇団に入って舞台に立っていました。

自主制作映画の資金を父親から借りて返済のために俳優になることを志しました。

父親と兄の付き人をしながら演技を学びました。

1988年、『純ちゃんの応援歌』で兄、高嶋政宏さんと共演

1988年、『純ちゃんの応援歌』牛山金太郎 役でドラマデビュー、兄の高嶋政宏さんと共演しています。

高嶋政宏さんが山口智子さんに政伸さんを紹介

「金太郎っていう君にぴったりの役があるから、お芝居やってみる気ない?」

と声をかけられ出演することになりました。

高嶋政伸さんが演じた“金太郎役”はヒロインの弟・昭(西川弘志)と、小野家の養子・雄太(唐沢寿明)の幼なじみ。

憧れだった松竹新喜劇の藤山寛美さんの大ファンだったので、藤山直美さんと共演できて感激したそうです。

このドラマの撮影のために大阪に行った際には、中座で松竹新喜劇に通い、寛美さんの芝居を見ていました。

唐沢寿明
唐沢寿明さんの若い頃のイケメン画像、伊藤健太郎に引き継がれたトレンディ俳優唐沢寿明さんの若い頃、子供時代は不仲な親から逃れて俳優を目指していましたスーツアクターとして下積みの時代を過ごし、トレンディドラマでブレイク!そんな唐沢寿明さんの若い頃を振り返ります。...

1990年、『家族輪舞曲』で映画初主演

1993年、『ダブル・キッチン』で山口智子さんと共演

夫婦役で共演、人気ドラマになり最高視聴率は30%を超えるヒット作になりました。

ダブル・キッチン
山口智子
山口智子さんの若い頃のかわいい画像を発掘!NHKの「なつぞら」で、30年ぶりのNHK朝ドラに出演した、山口智子さん。 若い頃は、トレンディードラマで大人気でした。 ...

1990年、ドラマ『HOTEL』の赤川一平が当たり役に

石ノ森章太郎原作の同名コミックをドラマ化した、『HOTEL』で新人ホテルマンの“赤川一平”を演じました

HOTEL 高嶋政伸

ホテルを舞台に起こる人間模様と共に、高嶋政伸演じる新人ホテルマンの成長していく姿が注目され

「姉さん、事件です」と「申し訳ございません」が決め台詞になっていました。

藤堂マネージャーを演じた松方弘樹さん、フロントマネージャー役の小林稔侍さんなどベテラン俳優が脇を固め、フロントクラーク役の菊池桃子さんといい感じになっていましたね。


『HOTEL』は今のところ動画配信されていないようですので、tutayaでレンタルがおすすめです。

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVがおすすめの理由はこちら

  • 30日間無料でお試し体験ができる
  • 豊富な品揃えTSUTAYA独占作品も用意
  • DVDやCDをPCスマホ携帯から手軽にレンタルできる
  • 自宅の郵便受けに届いて返却ポストに投函するだけ
  • 動画配信はPCTVスマホ視聴可能

動画配信やDVD・CDレンタルは豊富な品揃えでTSUTAYA独占作品も用意しています。

1990年『都会の森』(とかいのもり)で新人弁護士、八橋進介を演じる

都会の森

ドラマ『HOTEL』と同様新人が成長するドラマですが、こちらは司法修習を終えたばかりの新米弁護士、八橋進介を演じました

德永英明さんが歌う主題歌の「壊れかけのRadio」も大ヒットしました

1990年頃のテレフォンカード、高嶋政伸

1990年頃のテレフォンカード、高嶋政伸さんの角刈りが新鮮ですね

1995年、中山美穂さん主演の『For You』で中山美穂さんと共演

中山美穂さんがシングルマザーを演じる異色のトレンディードラマ

初めてのシングルマザーのドラマで、子育てしながら奮闘する母親を描いています。

高嶋政伸さんは中山美穂さんに心を寄せる、小林守男を演じています。

「守る男と書いて守男です」

 

中山美穂さんが歌う『HERO』もヒットしましたね。








高嶋政伸さん、大河ドラマで大活躍

『純ちゃんの応援歌』の監督、佐藤幹夫さんから指名されて大河ドラマに出演することに

1991年初めての時代劇『太平記』に出演

『太平記』高嶋政伸

主役の足利尊氏を演じる真田広之さんの弟役、足利直義を演じました。

血の気が多いが一本気な性格の武士を演じ、最後は兄による毒殺を受け入れ、号泣する兄の腕の中で息を引き取ります。

この時代は、 皇室が積極的に関与する時代であり、歴史的にも極めて難解な権力闘争が繰り返される時期であるため、撮影現場も気迫が溢れていたそうで、

高嶋政伸さんも緊張が続いたことで撮影中にひどい帯状疱疹になってしまったそうです。

真田広之
真田広之さんの若い頃のかっこいい画像を集めまくる!真田広之さんはアクション俳優として海外からも高い人気があり、ロサンゼルスに拠点を移してアメリカ映画への出演も多く、ジャッキーチェンとも共...

1996年大河ドラマ『秀吉』で弟役「秀長」を演じる

前回演じた、足利直義と同様に主人公の弟役を演じました。

小一郎秀長役 高嶋政伸

「秀吉」役の竹中直人さんや「信長」役の渡哲也さんと共演しました。特に渡哲也さんの存在感に感激したそうです。

渡哲也
渡哲也さんの若い頃を画像でふりかえります!2020年8月10日、渡哲也さんがお亡くなりになりました。 78歳でした・・・ 真面目な性格そのままの俳優人生だったのではな...

2016年、大河ドラマ『真田丸』での“怪演”が話題に

三谷幸喜さん脚本の『真田丸』では豊臣秀吉に滅ぼされる北条氏政を演じ、“怪演”ぶりが話題になりました。

汁かけ飯を食べる北条氏政の圧倒的な存在感にしびれます

秀吉が小田原城に大軍を差し向けてくると、氏政の狂気が増していきます。

北条氏政 高嶋政伸

「動乱の世を100年以上生き抜いてきた北条家の4代目として、氏政にはほかの武士たちにはない独特の余裕がありました。それが、秀吉に攻め込まれ、追い詰められ、余裕がなくなってきた時にこそ、本当の氏政の人間性が現れてくる。それをどういうふうに演じきることができるのか。いままで演じてきた役、いろんな経験を総動員して演じました」

出典元:oricon.jp

若い頃のさわやかで人懐こいキャラクターから、考えられない鬼気迫る演技でした。

高嶋政伸さん、『ちむどんどん』で暢子の上司の料理長役

『ちむどんどん』で高嶋政伸さんは暢子が務めるレストランの料理長、二ツ橋光二(ふたつばしこうじ)を演じます。

高嶋政伸さんは2006年に、ドラマ『人生はフルコース』で帝国ホテルの元総料理長を演じています。

以前にも、1993年『天皇の料理番』というドラマで、宮内省大膳職司厨長を務めた秋山徳蔵さん(役名は秋山篤蔵)を演じていますので、どんな演技をされるのか楽しみです


朝ドラ『ちむどんどん』見どころチェック、あらすじネタバレプラス黒島結菜さん大活躍