市原悦子さんの若い頃のかわいい画像を発掘しました!

市原悦子
スポンサーリンク

市原悦子さんは2019年1月にお亡くなりになりましたが、「まんが日本昔ばなし」や「家政婦は見た」などの演技で印象に残る女優さんでした。そんな市原悦子さんの若い頃を画像を中心に紹介します。

スポンサーリンク

市原悦子さんのプロフィール

  • 本名 塩見 悦子(しおみ えつこ)
  • 生年月日 1936年1月24日
  • 没年月日 2019年1月12日(82歳没)
  • 千葉市立末広中学校卒業
  • 千葉県立千葉第一高等学校卒業
  • 早稲田大学第二文学部演劇専修卒業
  • 出生地 千葉県千葉市
  • 死没地 東京都渋谷区
  • 身長 160 cm
  • 血液型 A型
市原悦子

疎開中の中学時代、1948年

出典元:朝日新聞デジタル

高校卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修に入学。父親の薦めで富士銀行に就職が決まっていましたが演劇への思いが断ちがたく、倍率25倍の狭き門をくぐり俳優座養成所に6期生として入ります。

市原悦子

同期には大山のぶ代、ジェームス三木がいました。

1957年に俳優座養成所を卒業。俳優座に入団し、『りこうなお嫁さん』でデビューします。

市原悦子

りこうなお嫁さんの市原悦子さん

同年に雑誌『新劇』の新人推賞を受賞し、1959年に『千鳥』で芸術祭奨励賞を受ける。さらに1963年には新劇演劇賞、1964年にゴールデン・アロー賞新人賞に輝き、高い演技力で評価されます。

市原悦子さん。1964年5月

市原悦子さん。1964年5月

出典元:jiji.com

私生活では、俳優座養成所の同期の演出家・塩見哲と1961年に結婚します。

2度の流産などで子宝に恵まれませんでしたが、おしどり夫婦として知られました。

市原悦子さん。1967年5月

市原悦子さん。1967年5月

出典元:jiji.com

1971年10月に夫の塩見とともに俳優座を退団し、1972年に番衆プロを設立します。

市原悦子さんの若い頃、「まんが日本昔ばなし」がロングヒット!

1975年に始まったテレビアニメ『まんが日本昔ばなし』では、すべての登場人物の声を常田富士男さんと2人のみで長年演じ続けて親しまれました。

市原悦子さん。1980年4月

市原悦子さん。1980年4月

出典元:jiji.com

市原悦子さんの若い頃、「家政婦は見た!」が当たり役に!

1983年からはテレビドラマ『家政婦は見た!』に主演し、四半世紀以上に渡って演じ続ける当たり役となります。

市原悦子さん。1982年2月

市原悦子さん。1982年2月

出典元:jiji.com

『家政婦は見た!』は土曜ワイド劇場を代表する高視聴率の人気シリーズとなりました。

市原悦子さん。1983年

市原悦子さん。1983年

出典元:jiji.com

市原悦子さんは朗読でも有名ですね。童話から小説まで多くの音源が残っています。

市原悦子さんの若い頃、まとめ

市原悦子さんは、芸能界デビュー当時から演技力が評価されていたようです。しかし、誤解を恐れずに言えば、はっきりいって美人とはいえません・・・。それに、樹木希林さんのような強烈な個性があるかというとそうでもないですし・・・

それでも、長きにわたって第一線で活躍し主役を演じてきたことはすごいですね。

市原悦子さんの死因は?うっ血性心不全・・・
「家政婦は見た!」「まんが日本昔ばなし」などで知られる演技派女優の市原悦子(いちはら・えつこ)さんが2019年1月12日午後1時31分に心不全のため都内の病院で亡くなりました。82歳でした。最近まで活躍されていたはずですが、病と闘っていたのでしょうか?調べてみました。

コメント