沢口靖子さんの若い頃を美しい写真と画像で確認しました! 

沢口靖子 高校時代
スポンサーリンク

現在も大活躍の沢口靖子さんの若い頃からの美しい写真を集めてみました。

学生時代から伝説の美少女でした。勉強もスポーツもがんばる努力家だったようです。そんな沢口靖子さんについて調べました。

スポンサーリンク

沢口靖子さんのプロフィール

  • 本名 沢口 靖子
  • 生年月日 1965年6月11日(54歳)
  • 出生地 大阪府堺市西区
  • 身長 159cm
  • 血液型 A型

沢口靖子さんの若い頃,出身校は大阪府立泉陽高等学校

  • 大阪府の堺市の出身
  • 堺市立平岡小学校卒業
  • 中学2年生まで堺市立上野芝中学校(西区)
  • 堺市立赤坂台中学校(南区)
  • 大阪府立泉陽高等学校卒業

沢口靖子 高校時代
出典元:堺市サイト

高校時代は軟式テニス部で真っ黒に日焼けし、上下関係の厳しさも学んだそうです。

沢口靖子さんが最初に住んだのは堺市西区の堀上緑町。平岡幼稚園から堺市立平岡小学校に進みました。

沢口靖子さんの若い頃,小学校時代は活発な女の子

「3つ上の兄がいたので比較的活発に遊ぶ子でしたね。小学校3、4年生から地域のポートボール部に所属していて、毎週日曜日に練習していました」

出典元:堺市サイト

平岡小学校を卒業すると、市立上野芝中学校に進学。

「私が入った年は上野芝中学が日本一のマンモス校だったんです。1学年23クラスありまして、3階建ての校舎を埋め尽くしても足りなくて、中庭にプレハブの校舎を建てたぐらい。だから、入学式のときにNHKの取材が来てニュースで放送されました。運動会も3学年合同ではできずに、1学年ごとにやっていたんですよ」

出典元:堺市サイト

中学2年生のときに泉北ニュータウンに引っ越し、市立赤坂台中学校に転校しました。

沢口靖子さんの若い頃,猛勉強で泉陽高校に進学

そしてセーラー服にあこがれて、大阪府立泉陽高校を目指します・・・偏差値の高い学校なので猛勉強したそうです。

沢口靖子さんの若い頃,きれいすぎて泉陽高校では数々の伝説も・・・

大阪府立泉陽高校に合格するとすぐにすごい美人がいると有名になりました。

毎朝、堺東駅まで通う電車には彼女目当ての男子高校生がたくさん乗り込み“沢口靖子専用車両”と呼ばれていたという噂もあります。

泉陽高校にファンクラブがあったとか、沢口さん見たさに他校から男子高校生が学校に押し寄せたという“伝説”もあります。とにかく美しかったと思います。

泉陽高校の卒業生には、歌人の与謝野晶子、脚本家の橋田壽賀子、2015年に『サラバ!』で直木賞を受賞した作家・西加奈子などがいます。

沢口靖子さんの若い頃,芸能界デビューは東宝のオーディション

高校3年だった1984年に第一回「東宝シンデレラ」で3万人を超える応募者の中からグランプリに選ばれました。

当初は女優というものは全く考えていなくて、友人がオーディションに推薦してくれたことがきっかけだったそうです。そして大学受験を止めて芸能界に入りました。

沢口靖子さんの若い頃,「刑事物語3 潮騒の詩」でデビュー

1984年に「刑事物語3 潮騒の詩」でデビューしました。

主題歌の「潮騒の詩」も歌っています・・・

沢口靖子 潮騒の詩

沢口靖子さんの若い頃,映画「ゴジラ」で新人俳優賞を受賞

映画『ゴジラ』(1984年、東宝)で、第9回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。

挿入歌「さよならの恋人」

沢口靖子さんの若い頃,NHK連続テレビ小説「澪つくし」で全国的な人気に

1985年にはNHK連続テレビ小説「澪つくし」のヒロインを演じました。

沢口靖子 潮騒の詩

沢口靖子 みおつくし

このドラマは関東地区では、1985年の放送で最高視聴率55.3%、平均視聴率44.3%を記録する大ヒット作品となり、沢口靖子さんは全国的な人気を得ました。

それ以降、さまざまな映画やドラマで幅広い役柄をこなし、華々しい実績を築き上げてきました・・・

沢口靖子さんの若い頃,代表作の『科捜研の女』は20周年!

中でも、主演を務め、沢口靖子さんの代表作とも言える『科捜研の女』は、今年でなんと20周年!現在も大活躍中ですね。

沢口靖子さんの若い頃まとめ

沢口靖子

高校生のときの伝説の美少女だけではなく、努力の人であったことが良くわかりました。まだまだ活躍される姿をみることができそうなのでこれからも楽しみです。

コメント