1940年代生まれ

加賀まりこさんの若い頃のかわいい画像に溺れて窒息寸前!

加賀まりこ

加賀まりこさんの若い頃はあまりの美しさに「小悪魔」「和製ブリジットバルドー」と呼ばれていたそうです・・・

どれほど美しかったのでしょうか?

この目で確かめてみるしかありませんね!

加賀まりこさんプロフィール

  • 本名:加賀 雅子(かが まさこ)
  • 生年月日:1943年12月11日(76歳)
  • 出生地:東京都神田区小川町(現千代田区神田小川町)
  • 出身地:東京都新宿区神楽坂
  • 一橋中学
  • 明星学園高等学校
  • 身長:156cm
  • 血液型:O型

生い立ち

東京都神田区小川町(現:千代田区神田小川町)に生まれました。

祖父の加賀卯之吉は、ジャーナリストで衆議院議員でした。立身出世の人物で自ら新聞社を創設されたそうです。

加賀卯之吉祖父の加賀卯之吉

 

父・加賀四郎は加賀卯之吉の庶子として生まれました。映画会社大映のプロデューサーとして知られています。

加賀四郎氏加賀四郎氏

 

加賀まりこさんは、小学生の時分より隣町である神田神保町の古本街に通い、澁澤龍彦翻訳の「マルキ・ド・サド選集」を愛読。

小さい時から思ったことは何でも口にする歯に衣きせぬ毒舌だったといいます。

また映画で見た、オードリー・ヘプバーンの髪型にするため1人で美容院に行くほどの早熟な子供でした。

中学校時代には陸上競技を行っており、2年時には走幅跳で都大会で優勝しています。

高校生になると行動範囲は広がり、六本木や麻布界隈で飯倉の高級イタリアレストラン「キャンティ」に学生服のまま通っていたそうです。

キャンティでは安井かずみさん、コシノジュンコさんらと親しくなりました。

キャンティはレストランでしたが、文化人のサロンのような場所でした。

また、キャンティのママの自立した生き方に強い憧れを抱いていたそうです。

キャンティ創業者の川添浩史の息子で、風吹ジュンさんの元夫の川添象郎さんの記事はコチラ

川添象郎さん
風吹ジュンさんの元旦那・川添象郎さんの現在は?荻野目慶子との不倫も・・・川添象郎さんは、日本の音楽プロデューサー。YMOや荒井由実(松任谷由実)などビッグアーティストのプロデュースで有名です。 最近も青...

芸能界デビュー

千代田区の一橋中学を経て明星学園高等学校に入学。

同校在学中の1960年、通学姿を見初めた篠田正浩さんと寺山修司さんに路上でスカウトされました。

路上でスカウトされるというのがスゴイですね。

親族に映画関係者が多かった、加賀まりこさんですが当時あまり興味はなかったそうですが父親に相談したら

あなたでお役に立つなら、やってあげなさい。

とアドバイスされて

1962年「涙を、獅子のたて髪に」で映画デビューをしました。

 

涙を獅子のたて髪に 加賀まりこ

 

涙を獅子のたて髪に 加賀まりこ

 

加賀まりこ
加賀まりこ長門裕之『危い橋は渡りたい』加賀まりこ長門裕之『危い橋は渡りたい』1963年

 

「乾いた花」 加賀まりこ/池部良「乾いた花」 加賀まりこ/池部良1964年

 

『月曜日のユカ』が社会的にも話題に

中尾彬、山本陽子らと共演した主演映画『月曜日のユカ』は、加賀まりこさんの代表作の一つになりました。

月曜日のユカ月曜日のユカ

 

映画の予告編とは思えないしっかりした映像ですね。

中尾彬さんもカッコイイ!

月曜日のユカ月曜日のユカ1964年

 

加賀まりこさん、休業し単身パリへ

20歳の時、次々に舞い込んでくる仕事と女性週刊誌がイメージだけで書く記事に嫌気がさして単身パリに渡りました。

パリではイヴ・サン=ローラン、フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、フランソワーズ・サガンなど社交界の人々と交流を深めました。

パリから帰国後、劇団四季の舞台に出演

国際電話で演出家・浅利慶太から舞台出演の打診をされ、帰国後、劇団四季の舞台『オンディーヌ』に出演しました。

これが連日大入りの大盛況となり、本格的に女優業に本腰を入れるようになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

幸田(@mkkm1026)がシェアした投稿

 

 

1966年の映画『坊っちゃん』では坂本九さん、三波伸介さん、大村崑さんと共演していました

加賀まりこ坂本九『坊っちゃん』加賀まりこ坂本九『坊っちゃん』1966年

 

大村崑
大村崑さんの現在は、今でも大相撲観戦?健康の秘訣はライザップ喜劇役者としてよく知られた大村崑さんですが、現在はどうされているのでしょうか? 高齢のためか、死亡説もありましたが、まだお元気にさ...

GSスパイダーズのリーダーでドラマーの田邊昭知さんと共演

GSブーム全盛のときですね。これは珍しいです。

加賀まりこ『濡れた逢びき』加賀まりこ『濡れた逢びき』1967年

 

映画の中ではスパイダーズの楽曲も使われたようです

1972年には当時若者に大人気だった作家の庄司薫さんの原作【白鳥の歌なんか聞えない】に出演しています

岡田裕介/加賀まりこ【白鳥の歌なんか聞えない】岡田裕介/加賀まりこ【白鳥の歌なんか聞えない】1972年

 

加賀まりこさんの出演CMを探してみました

1965年の明治チョコレートのCM、加賀まりこさんが22歳のときですね

ライオン歯磨きのCM、1960年代の雰囲気がありますね

 

加賀まりこさんの若い頃 まとめ

若い頃の加賀まりこさんは和製ブリジットバルドーと呼ばれていたそうです。

吉永小百合さんや岩下志麻さんのような上品なかわいさではなくて、小悪魔的な色気をもつ女優だったので役柄もそのようなものが多かったですね。

70代になった今もオーラは健在ですね。これからの活躍も楽しみです。