倍賞美津子さんの若い頃、美しさを画像で振り返ります。アントニオ猪木さんと結婚も

倍賞美津子
スポンサーさまリンク

倍賞美津子(ばいしょう みつこ)さんは、姉の倍賞千恵子さんが「男はつらいよ」のさくら役など庶民派女優として活躍したこととは異なり、都会的な女の情念を表現する演技で人気女優となりました。そんな倍賞美津子さんの若い頃の美しさを振り返ります。

スポンサーさまリンク

倍賞美津子さんのプロフィール

  • 生年月日 1946年11月22日(73歳)
  • 出身地 茨城県
  • 血液型 B
  • 配偶者 アントニオ猪木(1971年 – 1988年)
  • 著名な家族 倍賞千恵子(実姉)

幼少時に東京都北区に移り、北区立紅葉中学校卒業後、1962年に松竹音楽舞踊学校に入学しました。1965年松竹歌劇団に第18期生として入団します。

姉の倍賞千恵子さんは、5歳年上で、1957年に松竹音楽舞踊学校に入学。1960年松竹歌劇団に第13期生として入団しています。

倍賞美津子さんは、学校生時代の舞台実習を経て、同年、グランドレビュー「東京踊り」で芸能界デビューしました。

1967年、『純情二重奏』で実姉の倍賞千恵子と異母姉妹を演じ、映画デビュー。

倍賞美津子 純情二重奏

「純情二重奏」の倍賞千恵子さんと倍賞美津子さん

1969年、五社英雄監督の『人斬り』で京都市民映画祭の新人賞を受賞。

主人公の岡田以蔵のなじみの女郎役を演じ、セミヌードの体当たりの演技が評判となりました。

1979年、今村昌平監督の『復讐するは我にあり』にてブルーリボン助演女優賞を受賞して女優としての地位を確立。女の深い情念を表現できる女優となっていきます。

倍賞美津子

倍賞美津子、三國連太郎

1985年「陽暉楼」

陽暉楼の女将・お袖を演じました。

倍賞美津子

1985年、『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』『恋文』の演技で国内の映画賞を総なめに・・・

倍賞美津子

倍賞美津子さん

倍賞美津子、原田芳雄

倍賞美津子さん、原田芳雄さん

 平田満、倍賞美津子、上原由恵

平田満さん、倍賞美津子さん、上原由恵さん

倍賞美津子さん、1971年アントニオ猪木さんと結婚

私生活では、1971年、アントニオ猪木さんと結婚。

当時、1億円の結婚式で話題になりました。

新日本プロレスの旗揚げ戦時には宣伝カーのナレーションを吹き込んだり、豊登が紹介した融資先に自身が行ったことで1000万円を融資してもらえたりと、新日本プロレスの旗揚げには倍賞の貢献があった。

あやしい広告を見つけました・・・当時はどんなイメージだったのでしょうか?

倍賞美津子さんの若い頃、まとめ

姉の倍賞千恵子さんが「男はつらいよ」で下町の女性を演じていたのと対照的に、倍賞美津子さんは、女の情念を感じる女優でした。70代となりましたが、まだまだ映画やドラマで活躍してもらえそうですね

倍賞千恵子さんの若い頃、美しさを画像で振り返ります
倍賞千恵子さんは、妹の倍賞美津子さんとともに長く芸能界で活躍されています。「男はつらいよ」の渥美清さんの妹役「さくら」の演技が印象的ですが、歌手としても活躍されていました。そんな倍賞千恵子さんの若い頃を画像を中心に振り返ります
1940年代生まれ
スポンサーさまリンク
スポンサーさまリンク
hironobuをフォローする
スポンサーさまリンク
思い出の芸能人

コメント