由紀さおりさんの若い頃の画像を発掘!バラエティ番組でも大活躍!!

由紀さおり
スポンサーさまリンク

由紀さおりさんはデビュー曲「夜明けのスキャット」の大ヒットが有名ですが、少女時代から、姉の安田祥子さんと童謡歌手として活躍していました。さらに歌手活動だけでなく、コントや司会など多方面で活躍されました。そんな由紀さおりさんの若い頃の画像を発掘してみます。

スポンサーさまリンク

由紀さおりさんプロフィール

  • 本名 安田 章子(やすだ あきこ)
  • 生年月日 1948年11月13日(71歳)
  • 出生地 群馬県桐生市
  • 血液型 A型
  • 姉は声楽家の安田祥子

由紀さおりさんの若い頃、安田章子としてデビュー

群馬県桐生市に生まれ、3歳で横浜市へ移ります。母親は着付けの先生で仕事に厳しい人物でした。

のちに、由紀さおり、安田祥子さん姉妹が所属する事務所を設立します。

由紀さおり

左が安田祥子さん、中央が由紀さおりさん、右が母

出典元:bilibili.com

小学一年生で童謡歌手としてデビュー、少女時代から姉の安田祥子さんと共に本名の「安田章子」名義で童謡歌手として活躍しました。

1965年にキングレコードから本名名義で「ヒッチハイク娘」にて歌謡曲の歌手としてデビューするが、ヒットに恵まれませんでした。

由紀さおり ヒッチハイク娘

童謡歌手時代からの仕事であるCM曲やテレビ・ラジオ主題歌の吹き込みなど商業的な音楽を歌うことに・・・

姉の安田祥子さんは、商業的な歌を歌うことを嫌がりましたが、由紀さおりさんは、「とりあえずやってみなければ、いいか悪いかはわからない」という考えかたで、その違いから険悪になることもあったそうです。

その考え方の違いがその後の方向を変えることになります。

由紀さおり

安田祥子さんと由紀さおりさん

出典元:bilibili.com

母親の調整により、姉の安田祥子さんは東京芸術大学に進学、由紀さおりさんは歌謡界の道にすすみます

由紀さおりとして再出発

1969年、東芝音楽工業(現・ユニバーサル ミュージック EMI Records Japanレーベル)より再デビュー作となった「夜明けのスキャット」が発売されます。

由紀さおり 夜明けのスキャット

元々TBSラジオの深夜ラジオ番組「夜のバラード」のオープニング曲として制作され、当初はレコード化の予定はありませんでしたが、リスナーからの問い合わせが相次ぎシングルリリースが企画されました。

しかし由紀さおりさんは歌手活動で失敗した過去に対する懸念と自ら結婚を控えていた事情もあり再デビューに消極的だったが、新たに歌詞が書き下ろされる間にいずみたくさんらが説得してレコーディングが実現。

大ヒットとなった「夜明けのスキャット」は、最終的には150万枚のミリオンセラーとなり、この年の暮れには「第20回NHK紅白歌合戦」で念願だったNHK紅白歌合戦初出場を果たします。

翌1970年には、「手紙」も6週連続1位、1970年度年間6位となる大ヒットになり、第12回日本レコード大賞の歌唱賞を受賞しました。

その後も「生きがい」「故郷」「ルーム・ライト (室内灯)」「挽歌」「ふらりふられて」「う・ふ・ふ」「トーキョー・バビロン」などの歌謡曲を世に送り出しました。

1973年には「恋文」で第15回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞しました。

由紀さおりさんの若い頃、コメディ、コントでも活躍

歌手としての人気の一方、タレント性を見込まれ、バラエティー番組に多数出演しています。

『ドリフ大爆笑』においては最多ゲストとなり、コントの「オチ」を任せられる程であった。

由紀さおりさんの若い頃、タレントとしても大活躍

1980年代にはテレビ司会者・タレント・女優としての活躍も目立ち、彼女のマルチな才能がさらに発揮されていきます。

1982年には『おもしろサンデー』へ桂文珍さんと共に司会として出演しています。

1983年には松田優作主演の『家族ゲーム』でお惚けな母親役を演じ、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。

由紀さおりさんの若い頃、安田祥子さんとの歌手活動で童謡ブームが

1985年には童謡アルバム『あの時、この歌』を発表し、1986年より姉・安田祥子さんと共に童謡コンサートをスタートさせ、徐々に歌手活動に再び重点を置くようになりました。

由紀さおりさんの若い頃、20歳で結婚していた

由紀さおりさんは20歳の時、10歳年上の音楽ディレクター大森昭男さんと結婚しました。

大森昭男さんはCM音楽のプロデューサーで小林旭さんの「熱き心に」、堀内孝雄さんの「君のひとみは10000ボルト」、矢沢永吉さんの「時間よ止まれ」、石川さゆりさんの「ウイスキーが、お好きでしょ」などを手掛けた人でした。

しかし、結婚生活7年目に別居、14年目に離婚が成立しています。

離婚後も二人は何度か顔を合わせる機会があったそうですがお互いにおとなの対応をしたそうです。

由紀さおりさんの若い頃、子宮筋腫を患う

由紀さおりさんは37歳の時に子宮筋腫を患っています。

子宮内膜症も併発しホルモン治療の選択肢もありましたが、治療によって声が変わってしまうことに悩み、41歳の時に、子宮の全摘出手術をうけました。

手術後にアメリカ在住の実業家、柴冨哲也さんと知り合い交際しましたが、結婚には至らず事実婚の関係となりましたが、2006年に離別しています。

由紀さおりさんの若い頃、まとめ

今回改めて、由紀さおりさんの歌を聞いてみましたが、不思議と古さを感じませんでした。歌唱法・歌詞・曲のすべてで完成度の高さを感じました。

また、ドリフの番組でもコントを披露していますが、上品さを失わずに笑いをとることは素晴らしい素質だと思います。

1940年代生まれ
スポンサーさまリンク
スポンサーさまリンク
hironobuをフォローする
スポンサーさまリンク
思い出の芸能人

コメント