1950年代生まれ

中村雅俊さんの若い頃がイケメン過ぎる!画像で確認

中村雅俊

最近は渋いおじいさん役が多くなっている中村雅俊さんですが、デビュー当時はイケメン俳優として大人気で歌手としても大ヒットを飛ばしていました。

当時、同世代の若者はテレビで見る自由な青春像にあこがれていました。

中村雅俊さんの若い頃の大活躍を振り返ります!

俺たちの旅 中村雅俊 田中健 秋野太作

中村雅俊さんのプロフィール

  • 本名:中村 雅俊
  • 生年月日:1951年2月1日(70歳)
  • 出生地:宮城県牡鹿郡女川町
  • 町立女川第一中学校
  • 宮城県石巻高等学校
  • 慶應義塾大学経済学部卒業
  • 身長:182cm
  • 血液型:O型
  • 妻:五十嵐淳子
  • 長男:中村俊太
  • 三女:中村里砂

中村雅俊さんは1951年(昭和26年)、宮城県牡鹿郡女川町で生まれました。

母親は漁師町で酒場を経営。

二人の姉がおり、ホステスが住み込みで働いていたことから、幼い頃から女性に囲まれた生活をしていた。

中村雅俊さんは当時のことを

「母親が忙しかったから、毎日テーブルに食事代として200円が置かれていたんです。食事代を100円に抑えて、残りの100円を貯金してクリフ・リチャードといった洋楽やザ・スパイダース、ザ・タイガースなど当時、流行していたGS(グループサウンズ)のレコードを買っていましたね」

と振り返っています。

女川第一中学校卒業後、宮城県石巻高等学校に進学。

高校ではバスケットボール部に所属。

外交官を夢見て東京外国語大学への進学を希望しましたが、東北大学を希望する母親と意見が合いませんでした。優秀すぎたのかもしれませんね。

結局、東京外国語大学を受験するも不合格で、一浪して慶應義塾大学に進学しました。

 

役者への道は、大学時代に文学座附属演劇研究所に入所して、大学卒業と同時に文学座に入団。

文学座の先輩である松田優作さんから、日本テレビのプロデューサーの岡田晋吉さんを紹介されて、日本テレビ系列で放送された青春ドラマ『われら青春!』の主役に抜擢されました

『われら青春!』の主役は松田優作さんが内定していましたが、『太陽にほえろ』の萩原健一さんの降板に伴って松田優作さんが出演することになったため主役の座が空いたからだそうです。








中村雅俊さんの若い頃、ドラマ『われら青春!』で大人気に!

1974年放送の青春ドラマ『われら青春!』では太陽学園のラグビー部の監督役を演じました。

大学卒業後まもなく大役を演じていたのですね。

オープニング曲もヒットしました。いずみたくシンガーズの『帰らざる日のために』は60万枚を売り上げました

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥2,562
(2021/11/25 05:30:07時点 Amazon調べ-詳細)

ドラマの挿入歌の『ふれあい』が100万枚を超えるセールスを記録する大ヒットになり一躍、人気者になりました。

ふれあい 中村雅俊

『ふれあい』もいずみたくさんが作曲しているんですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jun Suzuki(@funkyjun__)がシェアした投稿

『俺たちの旅』の主人公「カースケ」が当たり役に

三流大学の学生を中心に友情や愛などを描いた青春ドラマ

中村雅俊さん演じる「カースケ」、田中健さん演じる「オメダ」、秋野太作さん演じる「グズ六」、森川正太さんが演じる「ワカメ」が社会の決まりごとに馴染めず、会社「なんとかする会社」を立ち上げていきます

俺たちの旅 中村雅俊 田中健 秋野太作 俺たちの旅 中村雅俊 田中健 秋野太作 岡田奈々

悩みながら真摯に生きていく姿が当時の若者の心を掴みました

 

この投稿をInstagramで見る

 

hide(@hideaking13)がシェアした投稿

「ワカメ」役の森川正太さんは2020年10月に67歳でお亡くなりになりました

 








1977年、中村雅俊さと五十嵐淳子さんが電撃結婚

青春スタートして人気絶頂のときにドラマで共演していた五十嵐淳子さんと結婚。

周りは大反対だったそうです。

中村雅俊 五十嵐淳子

「デビューして間もなかったから、マネージャーや母親など周囲には猛反対されましたね。週刊誌の担当記者にも“仕事がなくなるぞ”と忠告されたし、当時1万人いたファンクラブ会員も一気に1800人まで減りました(笑)。当時は、結婚するだけで批判を受ける時代。“裏切り者雅俊”と報じたスポーツ紙は今でも持っています。」

と後に語っています。


 

中村雅俊さんの若い頃、まとめ

中村雅俊さんが青春スターとして大人気だったデビュー当時を中心に振り返ってきましたが、役者として歌手として長く活躍できているのは、マジメな性格ゆえでしょうか?

長男:中村俊太、三女:中村里砂の活躍も含めてこれからも楽しみですね。