津川雅彦さんの若い頃、イケメン画像から旬の活躍を振り返ります

津川雅彦
スポンサーリンク

津川雅彦さんは石原裕次郎の弟を演じた「狂った果実」で若き二枚目スターとなり、時代劇の重厚な演技やコミカルな役を演じるなど存在感のある役者でした。

若い頃の画像を中心に活躍を振り返ってみます。

スポンサーリンク

津川雅彦さんのプロフィール

  • 本名 加藤 雅彦(かとう まさひこ)
  • 生年月日 1940年1月2日
  • 没年月日 2018年8月4日(78歳没)
  • 出生地 京都府京都市中京区
  • 身長 171cm
  • 血液型 O型
  • 京都市立御室小学校
  • 洛星中学校
  • 同志社中学校に編入
  • 同志社高校中退
  • 早稲田大学高等学院に編入
  • 明治大学附中野高校に編入・卒業
  • 文化学院短大卒業

津川雅彦さんは芸能一家に生まれました。

父の澤村國太郎は歌舞伎俳優。歌舞伎役者から映画俳優に転身された、戦前の大スターでした。

1935年頃の澤村國太郎

1935年頃の澤村國太郎

出典元:wikipedia

母は女優のマキノ智子。

マキノ智子

マキノ智子

出典元:wikipedia

兄は、俳優の長門裕之。

長門裕之

長門裕之

長門裕之さんの若い頃、イケメン俳優のたどった道
長門裕之さんは、南田洋子さんとの夫婦関係や司会業、弟の津川雅彦さんとのことなどが話題になりがちですが、俳優としての活躍を画像を交えてふりかえってみます

津川雅彦さんは本格的なデビュー前に子役として映画出演していました。

狐の呉れた赤ん坊 津川雅彦

狐の呉れた赤ん坊 津川雅彦

山椒大夫 津川雅彦

山椒大夫 津川雅彦

「狂った果実」で芸能界デビュー

16歳のとき、石原裕次郎さん主演の日活映画『狂った果実』で本格的にデビューしました。

石原裕次郎さんの若い頃を画像と映像でふりかえります
昭和の大スター、石原裕次郎さんが亡くなられてから30年以上たちますが、若い頃はどのような活動をされていたのでしょうか?ふりかえってみたいと思います。兄の石原慎太郎さんとの関係、デビューのきっかけについてもご紹介します。

石原裕次郎さんの弟役を探していた石原慎太郎さんが一目見て気に入り、沢村家に頼み込んで強引にキャスティングして名付け親にもなりました。

当時津川雅彦さんは新聞記者に憧れて早稲田大学高等学院に在学しており、

「夏休みだし1本くらい出てもいいか」

と軽い気持ちで出演、しかし映画のヒットとともにたちまち人気俳優となりました。

津川雅彦

津川雅彦 磯村みどり

1966年 津川雅彦 磯村みどり

東陽一監督の「マノン」で助演男優賞を受賞

マノン 津川雅彦

この映画で、烏丸せつこさんと共演。映画初出演のビートたけしさん、新人だった佐藤浩市さんなどとも共演しました。

ビートたけし マノン

佐藤浩市 マノン

マノン 佐藤浩市

佐藤浩市さんと三國連太郎さん親子の共演には確執が・・・?
佐藤浩市さんは三國連太郎さんの息子として、2世俳優で活躍されていますが、映画やドラマで共演されていたのでしょうか?親子の確執もあったようなので調べてみました。

徳川家康といえば津川雅彦!

津川雅彦さんは、徳川家康、織田信長、豊臣秀吉の三英傑を演じ、家康以外にも徳川家綱や徳川綱吉、徳川慶喜を演じていますが、最も印象に残っているのは徳川家康です。

津川雅彦 徳川家康
出典元:Amebaブログ

津川雅彦 徳川家康
出典元:Amebaブログ

津川雅彦 徳川家康
出典元:Amebaブログ

津川雅彦 徳川家康

津川雅彦さんの若い頃、伊丹十三監督映画の常連に

津川雅彦さんは10本の伊丹十三監督作品のうち9本に出演しています。

「マルサの女」では、中間管理職の査察部統括官を演じ、大ヒット作となりました。

マルサの女 津川雅彦

マルサの女

マルサの女 津川雅彦

マルサの女

津川雅彦さんは、伊丹十三監督についてこのように語っています

「しつこい監督、でも、いい監督だから、(細かい注文に対応できるように)1シーンにつき2週間かけてセリフを臓腑に叩き込みました。そうすると芝居が自在になる、つまり、芝居が軽くなるってことが分かった」「だけど、上手くなればいいってもんじゃなくて、役者はやっぱり存在感。人間性を磨いていくのが大事。そういうことにも気付かされました」

(2018年7月11日放送、BS朝日「昭和偉人伝 長門裕之/津川雅彦」)

「スーパーの女」では売り上げが低迷するスーパーの経営者を演じ、宮本信子とともに経営の立て直しを図ります。

スーパーの女 津川雅彦

スーパーの女 津川雅彦

スーパーの女 津川雅彦

津川雅彦さんの若い頃、まとめ

津川雅彦さんは2018年8月4日に78歳で亡くなりました。

若い頃の二枚目俳優から、深みのある演技派俳優として活躍されましたが、演技の振れ幅が大きくまとめて語るのはムリですね。

倉本聰さんは

「若い頃からハンサムな俳優だったが、年をとるにつれていい顔になっていった。『なんでこんないい年の取り方ができるのだろう』とずっと思っていた」

出典元:mainichi.jp

と語っています。

津川雅彦さんの映画をまたみてみたくなりました!

コメント