小柳ルミ子さんの宝塚時代は主席だった?美しい画像も!

小柳ルミ子
スポンサーリンク

♪お久しぶりね~・・・小柳ルミ子さんはいつまでもきれいじゃのう。色気が衰えんのは不思議じゃ

小柳ルミ子さんってサッカーの解説をしている、おばさんでしょ。アルゼンチンのメッシのファンなのよね

サッカーファンのおばさんじゃないぞ!歌手で大女優。大澄賢也さんとの年の差婚も話題になったぞ。

今回は小柳ルミ子さんの宝塚時代の美しい写真を振り返るのじゃ

 

スポンサーリンク

小柳ルミ子さんのプロフィール

  • 出生名 小柳 留美子
  • 生年月日 1952年7月2日(67歳)
  • 血液型 A型
  • 出身地 福岡県福岡市早良区
  • 筑紫女学園中学校卒業
  • 宝塚音楽学校卒業

幼少期は母の影響が大きく、娘を歌手にさせるために、日本舞踊・クラシックバレエ・ジャズダンス・タップダンス・ピアノ・三味線・習字・歌、計8つの習い事に通っていたそうです。

7歳のころの小柳ルミ子さん。このころから、クラシックバレエ、歌、ピアノの稽古をしていました。

小柳ルミ子さんの宝塚時代を振り返ります

宝塚の入学志願書といっしょに送った写真だそうです。緊張した感じがしますね!

宝塚音楽学校合格後の写真です。50年前ですか、時代を感じますね・・・

宝塚の修学旅行での写真。胸には宝塚の校章が写っています。

宝塚音楽学校での2年間は朝9時より夜10時過ぎまで学び、寮の門限である11時ぎりぎりに帰宅する多忙な年月を過ごしていました。

歌手になりたかった小柳ルミ子さんは、宝塚音楽学校の先輩にあたる梓みちよさんの口利きで在学中に渡辺プロダクションに歌手になりたいと願い出ました。

渡辺プロダクションは、「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」と回答・・・

たいへんな努力の末、小柳ルミ子さんは見事に首席で卒業することになります

宝塚音楽学校の卒業式の写真です。左側が小柳ルミ子さんです。

 

小柳ルミ子さんは宝塚を主席で卒業した!宝塚歌劇団には2カ月在籍・・・

宝塚音楽学校を主席で卒業したものの、歌手志望だった小柳ルミ子さんは、歌手デビューが約束されていました。

しかし初舞台だけは踏みなさいと言われ、そのまま「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団し、2か月で退団しました。

歌手デビューを当初から念頭においており、小柳ルミ子さんにとって宝塚は歌や演技の鍛錬を積むためのいわゆる腰掛けだったようです。

しかし、2カ月間の在籍期間にいじめを受けていたそうです。

「衣装に袖を通す。ファスナーに指をやるとチクリと痛みが。釘が一本刺さっていて、指に食い込んでいるんです」

華やかな舞台の裏ではそんなこともあるんですね。

小柳ルミ子さんの宝塚の同期生は?

小柳ルミ子さんは1970年(昭和45年)に宝塚音楽学校を主席で卒業しています。同期卒業生について調べてみました。女優の黒木瞳さんは宝塚の後輩で今でも仲がいいそうです。

宝塚音楽学校同期の元専科の萬あきらさん

宝塚歌劇団の男役で活躍されました。

萬あきらさん

萬あきらさん

出典元:朝日デジタル

宝塚音楽学校同期の女優の麻実れいさん

宝塚音楽学校同期の東千晃さん

  • 1970年 宝塚歌劇団入団
  • 1976年 雪組トップ娘役
  • 1980年 星組トップ娘役
  • 1982年 宝塚歌劇団退団
東 千晃

東 千晃さん

出典元:東 千晃オフィシャルブログ

小柳ルミ子さんの宝塚時代は主席だった?美しい画像も!まとめ

小柳ルミ子さんの宝塚音楽学校時代について調べてみました。選ばれた才能ある女の子のみが在籍する宝塚で首席卒業ですから才能も飛びぬけていたのでしょうね。

60代の現在でもあの美貌ですから、子供のころから美しかったのは想像できましたが・・・想像以上でしたね。

最近では由美かおるさんとの対談もされています。

 

由美かおるさんについては別の記事でまとめていますのでよろしければご覧ください。

由美かおるさんの現在は?今は何歳?驚愕の美しさ
いつまでも若さを保っている由美かおるさんですが、現在はどうしているのでしょうか?ドラマ出演はしているのでしょうか?新曲を発売したといううわさもありますので調べてみました。あらためて由美かおるさんの美しさを確認しました。
由美かおるさん、「水戸黄門」の入浴シーンをふりかえる
水戸黄門の名場面の一つに、由美かおるさんの入浴シーンがありました。200回以上もの入浴シーンを改めてふりかえります。

コメント